Roundhouse
ホビーセンターKATOホームページ
サイト全文検索
DCCトップページ
 → DCC用語集
 → トラブルシューテイング
   → チェック項目別トラブルシューテイング
   → 症状別トラブルシューテイング
 → DCC機器のリセット方法
 → DCCデコーダのコネクター化
 → DCCデコーダ接続図
 → (N)基板タイプのデコーダ搭載
 → DCCによるライトコントロール
 → KATO製ライト基板のDCC化加工法
 → (HO)キハ82へのライト制御デコーダ搭載
 → MyレイアウトをDCC化しよう
DCCについて
DCCをはじめてみよう!
KATO DCCフレンドリー製品各種
DCC Q&Aコーナー入門編
デジトラックス社DCC製品について
デジトラックス社DCC製品一覧
デジトラックス社DCCデコーダ一覧
KATO製品へのデジトラックス社製デコーダ対応表
KATO鉄道模型ホームページ
KATO Nゲージ鉄道模型入門
鉄道模型オンラインショップ
カスタムショップ
KATO USA
JAM(NPO法人 日本鉄道模型の会)

 ホーム >> ホビーセンターカトー >> DCC >> トラブルシューティング

トラブルシューティング

「あれ?おかしいな?」と思われましたら、修理をご依頼する前に下記の項目の部分をよくご確認ください。
意外と「思い込み」や「カン違い」が原因ということも多いので、落ち着いてチェックしてみましょう。

各マニュアルを読んでも解決できない不具合等でお悩みの場合は、DCCに詳しい知人に相談するか、取扱店またはホビーセンターカトーへお問い合わせください。 決して1人で悩まないでください。

内容が専門的で深い場合等は直接デジトラックス社と連絡を取ってください。スタッフがあなたのご質問に対して手助けを致します。(英語のみ。連絡先:techsupport@digitrax.com) さらに、デジトラックス社ホームページに多くの問題に対する解決例が載っています。


 操作不能になった場合の緊急停止方法

○ 突然、車両が暴走したり、システムのレイアウトが操作不能になりましたら「STOPキー」を押すか、コマンドステーションの線路電源を切ってください。車両の通電部分の汚れがひどいと、デコーダに正しい信号が伝わらず異常な反応をする場合があります。


 スロットル操作中にわからなくなってしまったら・・・

DT300・DT400の画面がマニュアルどおりの表示でなくなってしまった場合は、一度ロコネットポートからスロットルを抜いてください。そして再度ロコネットポートに接続します。その後、操作を再開してください。
UT1・UT2の場合も同様に一度ロコネットポートから抜き、ACQキーを押しながら再度ポートに接続します。
DCS50Kの場合は「解除(EXIT)キー」を押してください。

 

 チェック項目別トラブルシューテイング チェック項目を順番に当たっていきトラブルを解決します。
 症状別トラブルシューテイング

具体的なトラブル症状から原因を発見し、解決します。