Roundhouse
ホビーセンターKATOホームページ
サイト全文検索
DCCトップページ
 → DCC用語集
 → トラブルシューテイング
   → チェック項目別トラブルシューテイング
   → 症状別トラブルシューテイング
 → DCC機器のリセット方法
 → DCCデコーダのコネクター化
 → DCCデコーダ接続図
 → (N)基板タイプのデコーダ搭載
 → DCCによるライトコントロール
 → KATO製ライト基板のDCC化加工法
 → (HO)キハ82へのライト制御デコーダ搭載
 → MyレイアウトをDCC化しよう
DCCについて
DCCをはじめてみよう!
KATO DCCフレンドリー製品各種
DCC Q&Aコーナー入門編
デジトラックス社DCC製品について
デジトラックス社DCC製品一覧
デジトラックス社DCCデコーダ一覧
KATO製品へのデジトラックス社製デコーダ対応表
KATO鉄道模型ホームページ
KATO Nゲージ鉄道模型入門
鉄道模型オンラインショップ
カスタムショップ
KATO USA
JAM(NPO法人 日本鉄道模型の会)

 ホーム >> ホビーセンターカトー >> DCC >> DCCによるライトコントロール

DCCによるライトコントロール

DCCでは、デコーダのファンクション機能を活用して、ライト類をコントロールすることが可能です。デコーダマニュアルもあわせてご参照ください。

 

(1)スロットルに車両のアドレスを選択して、ファンクションモードにします。
→ DT400スロットル・DCS50Kコントローラーは、通常の走行モードがファンクションモードです。
→ スイッチモード・MUモード・プログラムモードでは操作が行えません。

(2)操作したいファンクションと同じ番号のファンクションキーを押します。
   押すたびに「ON/OFF」が交互に切り替わります。

 


 

下記のライトユニット配線図は、車両用汎用タイプデコーダ(DZ123等)を先頭車のヘッド/テールライトに使用する場合の配線図です。
ライトに使用しているLED(発光ダイオード)には極性があり、極性を間違えると点灯しませんのでご注意ください。
また、ライトユニット基板を利用する場合、あらかじめLED用の抵抗が接続されている場合もございますので、ご確認ください。


ライトユニットのDCC化には2つの異なる抵抗を使用します。
(「 DCC加工キット」に付属しています)
 
(1)ライトコモン出力(青線)用
    →(270Ω〜560Ω程度)

(2)モーター出力(オレンジ・グレー線)用
    →(1kΩ程度)

 


 ご注意

● LEDの代りに12V電球を使用する場合は、電球には極性がないため向きは関係ありません。またライトコモン出力(青線)の抵抗(270Ω)も不要です。ただし、 電球を用いますとデコーダへのプログラムができなくなる可能性があります。その場合は電球をLEDと交換してください。

● DCCではライト類の光源として低電力で発光可能で発熱量の小さいLEDをおすすめいたします。Nゲージなどの小型車両に電球を用いた場合、発熱によりプラスチック製車両の屋根・車体・トレインマーク変換装置等を溶損させる恐れがありますので、ご注意ください。


【ライト用LEDの豆知識】

ライト用LEDには極性があります。極性を間違えると点灯しませんのでご注意ください(電球には極性がありません)。

黄(橙)色・赤色LEDの極性と向き※

LEDを使用する場合、ライトコモン(デコーダの青線)には必ず抵抗を挿入します。抵抗値は「270Ω」〜「560Ω」程度のものをご使用ください。
(「 DCC加工キット」に付属しています)

LED仕様の基板の場合は、ライトコモン用抵抗を別途用意する必要はありません(KATO製のライト基板の加工法ではすべて不要です)。

※ 白色LED等では製造時期により図と逆の場合がありますので、念のため試験点灯などでご確認することをお勧めします。