Roundhouse
ホビーセンターKATOホームページ
サイト全文検索
DCCトップページ
 → DCC用語集
 → トラブルシューテイング
   → チェック項目別トラブルシューテイング
   → 症状別トラブルシューテイング
 → DCC機器のリセット方法
 → DCCデコーダのコネクター化
 → DCCデコーダ接続図
 → (N)基板タイプのデコーダ搭載
 → DCCによるライトコントロール
 → KATO製ライト基板のDCC化加工法
 → (HO)キハ82へのライト制御デコーダ搭載
 → MyレイアウトをDCC化しよう
DCCについて
DCCをはじめてみよう!
KATO DCCフレンドリー製品各種
DCC Q&Aコーナー入門編
デジトラックス社DCC製品について
デジトラックス社DCC製品一覧
デジトラックス社DCCデコーダ一覧
KATO製品へのデジトラックス社製デコーダ対応表
KATO鉄道模型ホームページ
KATO Nゲージ鉄道模型入門
鉄道模型オンラインショップ
カスタムショップ
KATO USA
JAM(NPO法人 日本鉄道模型の会)

 ホーム >> ホビーセンターカトー >> DCC >> DCCデコーダのコネクター化

DCCデコーダのコネクター化

KATOカスタムショップでは、日本形鉄道模型も手軽にDCCで遊べるよう、いろいろなアイテムをご用意しております。
ここでは、Nゲージ車両用デコーダも、HOゲージ車両用と同様に脱着可能なコネクター式にするためのアイテムをご紹介いたします。
このコネクターを使用すれば、1個のデコーダを複数の車両で使いまわしたり、車両をDCC線・アナログ線のどちらでも使用できるようにすることが可能です。
お客様ご自身でのコネクター化が可能なほか、KATOカスタムショップでのコネクター化加工サービスも承っております。


 

[29-116] DCCコネクター 4極 5組入 \1,575 (税込)
Nゲージ動力車に最適な、モーター出力用のコネクターです。車両用デコーダを複数の車両で使いまわしたり、アナログ/DCC兼用にする場合に使用します。(写真左)

[29-117] DCCコネクター 5極 5組入 \1,575 (税込)
ヘッド/テールライト出力用に最適です。(写真右)

[29-078] DCC加工キット \315 (税込)
コネクター化加工に必要な抵抗器・ダイオード等のセットです。

 

 

(1)加工作業のリスクを軽減車両側とデコーダ側で別々に加工できるため、安心です。
(2)経済的な負担を軽減デコーダが簡単に脱着できますので、使いまわしが可能です。
(3)アナログ線上での走行性問題を解消ダミープラグで簡単にアナログ仕様に戻せます。
(4)メンテナンス性の向上デコーダと車両が分離でき、メンテナンスおよび動作チェックが個別に可能です。

 

 

○ NゲージDCCデコーダ用にデザインされたKATOカスタムショップの独自規格のコネクターです。
○ コネクター化加工には、簡単なハンダ付けが必要です。
○ NMRA規格DCCデコーダの電線と色を合わせてありますので、結線がわかりやすいのが特徴です。
○ Nゲージ車両用デコーダ(汎用タイプ、主に搭載スペースが確保できる電車用)の取り付け時に最適。
○ ダミープラグをデコーダの代わりに接続すれば、車両を簡単にアナログ仕様に戻せます。
○ HO車両の、車両間のジャンパー線としても使用可能。集電性能の向上等にもどうぞ。
○ 電線の許容電流値:1A

 

 

○ コードの色は、NMRA規格に準拠しています。デコーダのコードと色を合わせて配線すればOKです。
○ デコーダや車両との接続はそれぞれハンダ付けで行います。ショートしないよう、絶縁処理をしっかりと行ってください。
○ ライト出力用には、車両側・デコーダのそれぞれに抵抗が必要です。
○ ライト用ダミープラグにはダイオードが2つ必要です。
○ 加工には、必要なパーツをセットにしたDCC加工キットを使用すると便利です。

 

 

 

 

 ご注意 

● デコーダの赤・黒線は「赤:レール右、黒:レール左」と定められています。通常のご使用では、赤/黒を入れ換えて配線しても差し支えありませんが、コネクターによる搭載とした場合には、アナログ用ダミープラグをご使用の際にヘッド/テールライトの点滅が逆になるのを防ぐために、必ず正規の配線を行ってください。