(N)PRR ブロードウェイリミテッド

2019.08.20 (火)

prr.png
● ペンシルバニア鉄道(PRR)
【アメリカ合衆国最大】
ペンシルバニア鉄道は1846年に設立されたアメリカ合衆国の一級鉄道で、20世紀前半には国内最大の鉄道会社になりました。
本社をペンシルバニア州フィラデルフィアにおき、一般的には「ペンシー」と呼ばれていました。
1968年にニューヨーク・セントラル鉄道と合併してペン・セントラル鉄道となりました。
 
ブロードウェイ 2.png
●寝台客車列車「ブロードウェイ・リミテッド」 2019年12月発売予定
【ペンシーの看板列車】
ニューヨーク~シカゴ間を運行した優等列車でペンシルバニア鉄道の看板列車の一つです。
1902年にペンシルバニア・スペシャルとして運行を開始し、1912年に「ブロードウェイ・リミテッド」の名称に改称しました。
晩年はアムトラックへ移譲され運行されましたが1995年にその歴史を閉じました。
 
【突出したサービス】
競合鉄道会社との差別化を図るため、運行開始当初から食事や理髪のサービス、列車秘書の乗務など当時のアメリカの優等列車の中でも最高水準のサービスを提供していました。
 
【名称の由来】
「ブロードウェイ」の名称は、マンハッタンの劇場街「ブロードウェイ」に因んだものではなく、運転区間がニューヨークとシカゴという最重要幹線を複々線(幅の広いメインストリート)で運行していたことに由来しています。
 
【牽引機】
牽引機はニューヨーク~ハリスバーグ間がGG-1(電気機関車)、ハリスバーグ~シカゴ間がE8(ディーゼル機関車)が重連で迫力ある牽引シーンを展開しました。
 
KATO USAの商品紹介ページはこちらから

 

 

 オススメPOPのダウンロードはこちらから

ペンシルバニア鉄道ブロードウェイリミテッド客車.pdf

 
 
 
ブロードウェイ3.png
●GG-1機関車「ブランスウィックグリーン/タスカンレッド」 2019年12月発売予定
【ペンシーで最も有名な電気機関車】
GG-1はペンシルバニア鉄道(PRR)で最も有名な電気機関車で1934年に登場して、1930年代から40年代に掛け100両以上が製造、旅客・貨物と問わず1980年代まで50年も活躍しました。美しいスタイルで強力かつ強靭な性能は多くのファンを魅了し、現在も数両が博物館などで大切に保存されています。
 
【口紅から機関車まで】
GG-1が量産化される際に試作機から大きな設計の修正が入り、その修正を「口紅から機関車まで」で有名なデザイナー、レイモンド・ローウィによって斬新な設計変更が行われました。
また、レイモンド・ローウィによって車体の通気グリルを目立たなくさせるためのアクセントとして前面から側面にまで伸びる5本のラインが入れられました。
レイモンド・ローウィーは、たばこの「ラッキーストライク」や「ピース」、不二家ルックチョコレートのロゴとパッケージデザインなどが日本では有名です。
 
【名称の由来】
形式名はPRRで「Gクラス」(軸配置=日本で言う2-C)と呼ばれる足回りを2つ組み合わせた事からGG-1の形式が付けられています。
 
KATO USAの商品紹介ページはこちらから
 

 オススメPOPのダウンロードはこちらから

ペンシルバニア鉄道gg1.pdf

 

 

 
ブロードウェイ4.png
●E8A機関車「タスカンレッド」2020年2月発売予定
【EMD E8A】
E8は、ゼネラルモーターズ(EMD)が製造した2250馬力の電気式ディーゼル機関車で、形式名の前にEがつく旅客列車機関車で、運転台のあるAユニット(E8A)と運転台のないBユニット(E8B)があります。
1949年~1954年の5年間で運転台つきのAユニットが428両、運転台なしのBユニットが39両製造されペンシルバニア鉄道は1950年~1952年にかけてAユニット(E8A)を74両購入しました。
ブロードウェイ・リミテッドを牽引の際は機関車の方向転換が不要なAユニット(E8A)+Aユニット(E8A)の重連で運行されていました。
 
【必要不可欠の機関車】
ブロードウェイ・リミテッドの走行区間ニューヨーク~シカゴにおいて、ハリスバーグ~シカゴ間は非電化区間のため、ディーゼル機関車のE8Aは必要不可欠な機関車で話題的にはGG1の影に隠れがちですが、E8Aの活躍無くしてニューヨーク~シカゴ間の完走は不可能でした。

 

KATO USAの商品紹介ページはこちらから
 

 

 オススメPOPのダウンロードはこちらから

ペンシルバニア鉄道E8A.pdf

 

 

 

ホビーセンターカトー東京、全国のホビーセンターカトー商品取扱販売店様にて予約受付中!

-------------------------------------------------------------------------------------------

☆ホビーセンターカトー東京でのご予約は店頭、FAX・封書にてお申込みください。


※ご注意
  お電話でのご予約はお受けできかねます。
  予約内容の確認のため、お手数ですがご了承賜りますようお願い申し上げます。