HO 14系客車更新日:2017/01/13

更新日:2017/01/13

画像をクリックすると拡大します。

14系客車は、簡易リクライニングシートなどを備えた特急形の客車として昭和47年(1972)に登場しました。臨時特急「しおじ」「つばさ」「踊り子」や急行「八甲田」「雲仙・西海」のほか、団体・臨時列車など、全国で活躍しました。
EF58、EF65、DD51など、どんな機関車にもマッチします。
製品は、東海道線東京~伊豆急下田間で活躍した臨時特急「踊り子」が再現できるようにテールマーク、行先方向幕を取り付け済みで発売いたします。

品番 品名 ASSY表 本体価格
1-557 (HO)スハフ14 (HO)スハフ14 ¥7,500+税
1-558 (HO)オハフ15 (HO)オハフ15 ¥7,500+税
3-514 (HO)オハ14 2両セット (HO)オハ14 2両セット ¥12,000+税

編成例

編成例

主な特長

● 国鉄時代、昭和49年(1974)度第2次民有車をプロトタイプに再現
● 着脱式トレインマークを採用(「踊り子」を出荷時より装着済み)
● 行先表示・・・交換可能な着脱式(「踊り子・伊豆急下田行」方向幕を出荷時より装着済)
● セット内容
・中間車オハ14は2両セット、スハフ14・オハフ15は単品で発売
● テールライト、トレインマーク消灯スイッチ装備(スハフ14・オハフ15)
● 付属部品
・スハフ14/オハフ15トレインマーク9種各1個・・・「踊り子」(装着済)のほか、「あかつき」「金星」「つばさ」「あけぼの」「リバイバルつばめ」「しおじ」「急行」「急行(英文字なし)」
・行先表示シール・・・「踊り子」「あかつき」「あけぼの」のほか、主要駅の行先表示、架線注意札、特急サボ、号車札
・ジャンパ栓、コック、ダンパー
・車両番号レタリングシート
● 車体表記印刷済(車両番号はレタリングシートでお好みの番号を設定可能)
● 白帯を的確に表現(ドア部白帯有)
● スハフ14床下のディーゼル発電機カバーは着脱可能
● カバー付きのAU13形クーラーを装備
● スハフ14屋根上の煙突カバーをリアルに再現
● 車掌室側の連結器周りのジャンパ栓をリアルに再現
● KATOカプラー伸縮密着自連形を装備(機関車連結側〈スハフ14、オハフ15〉にはKATO HOナックルカプラーを採用)
● DCCフレンドリー・・・FL12デコーダ(スハフ14、オハフ15のテールライト・トレインマーク)
● サスペンション機構
● スナップオン台車

別売対応オプション

  • ●HOゲージ用室内灯セット 品番:7-501 ¥600
  • ●HOゲージ用白色室内灯セット(DCC対応) 品番:7-503 ¥1,300

関連製品

  • ※ JR東海承認済 JR西日本商品化許諾済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP