N 205系 京葉線 <最終編成>更新日:2011/05/31

更新日:2011/05/31

国鉄時代の昭和60年(1985)3月に登場した新世紀の通勤電車205系もすでに四半世紀を経て、そろそろ引退の時期を迎えています。東京湾に面し、重要路線となった京葉線でも、従来の205系とは違うFRP製の前面デザインと、ピンクのラインカラーで親しまれた独特のスタイルが、最後の時を迎えました。
KATOでも従来より製品化しておりましたが、最後の頑張りを見せる205系京葉線を皆さんのお手元に残していただきたく、現在の姿にて製品化いたします。

ASSY表(PDF)は、PCでのみ閲覧できます。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-429205系京葉線色最終編成6両基本セット 205系京葉線色最終編成6両基本セット ¥13,000+税
10-430205系京葉線色最終編成4両増結セット 205系京葉線色最終編成4両増結セット ¥6,500+税

主な特長

● 現在活躍する京葉線205系最後の姿、平成23年頃の京葉車両センター所属ケヨ10編成をプロトタイプに製品化。既存製品の車両番号変更により、現在の姿を再現
・6両基本セット
クハ204-117+モハ204-319+モハ205-319、モハ204-318(M)+モハ205-318、クハ205-117
・4両増結セット
サハ205-195、サハ205-194+モハ204-317+モハ205-317
● 付属の行先表示シールは現行仕様に変更。「東京・蘇我・快速 東京・快速 蘇我・快速 上総一ノ宮」
● 4号車のサハ205は弱冷房車表示を印刷済み
● ジャンパ管付KATOカプラー密連形を標準装備JRマークを表記(先頭車のみ)
● 運転席屋根上の列車無線アンテナと信号炎管を装備(先頭車のみ)
● ヘッド/テールライト点灯
● 付属部品・行先表示シール(ケヨ10の編成番号札を含む)

別売対応オプション

関連製品

  • ※ JR東日本商品化許諾済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP