N 489系 白山色更新日:2017/04/06

更新日:2017/04/06

489系白山色は、JR西日本が昭和63年(1988)に北陸と首都圏を結ぶ特急「白山」の編成をリニューアルを機に従来の国鉄特急色を、オイスターホワイトをベースに、バラ色、薄群青色、ライトコバルトブルーへと塗装変更して誕生しました。
6号車のモハ489は、半室がラウンジとコンビニエンスカーに改造され、窓配置がわずかに変更となっています。
平成9年(1997年)10月の長野新幹線開業に伴う「白山」廃止後も、引き続き北陸本線筋の特急列車や急行「能登」で活躍し、平成14年(2002)に国鉄特急色に塗り戻されるまで14年間に亘り親しまれました。

ASSY表(PDF)は、PCでのみ閲覧できます。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-1202489系 白山色 5両基本セット 489系 白山色 5両基本セット ¥16,500+税
10-1203489系 白山色 4両増結セット 489系 白山色 4両増結セット ¥8,400+税

編成例

編成例

主な特長

● JR西日本の交直流特急形車両489系。国鉄特急色とは一線を画す、その斬新なカラーリングを的確に製品化。
● 特急「白山」、平成9年(1997)頃の金沢総合車両所所属のH01編成をプロトタイプに製品化。
● 特徴ある6号車のモハ489-18 ラウンジ&コンビニエンスカー、その独特な窓配置と室内を的確に製品化。
● キノコ形クーラー(AU12形)搭載の初期車と、分散式や集中式クーラー(AU13/AU71形)を搭載した後期車を作り分け。
● 先頭車は、JNRマーク撤去、2連ワイパーの前面窓、前面タイフォン位置スカート、列車無線アンテナ取付けのスタイル。
● ヘッドマークは「白山」を装着。交換用に「あさま」「はくたか」「能登」「臨時」が付属。
● 側面方向幕・サボはシールが付属。「白山」をはじめ付属ヘッドマークに対応した行先を設定。号車番号は印刷済。
● 上野寄り先頭車の1号車クハ489-501には、EF63と連結が可能なナックルカプラー標準装備。
● 中間部の連結器はボディーマウント式KATOカプラー伸縮密連形を標準装備。
● 動力は定評あるフライホイール付き動力ユニットを搭載。安定した走行がお楽しみいただけます。
● パッケージは、基本セット/増結セットともに、4両タイプのブックケース仕様。

別売対応オプション

  • ●LED室内灯クリア 品番:11-211 ¥720
  • ●LED室内灯クリア(6両分入) 品番:11-212 ¥3,600
  • ●LED室内灯クリア(電球色) 品番:11-213 ¥720
  • ●LED室内灯クリア(電球色)(6両分入) 品番:11-214 ¥3,600
  • ●11-324 トレインマーク485系ボンネット用(国鉄・イラスト)

関連製品

  • ※ JR西日本商品化許諾申請中
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP