N IRいしかわ鉄道521系更新日:2018/10/26

更新日:2018/10/26

画像をクリックすると拡大します。

IRいしかわ鉄道は北陸新幹線開通による北陸本線の第3セクター化に伴い誕生した鉄道会社で、JR西日本から譲渡された521系が活躍しています。
今回製品化する521系2次車は、平成27年(2015)にJR西日本から3編成が譲渡されました。石川の伝統工芸を彩る“加賀五彩”をテーマに、編成ごとに異なるアクセントカラーがストライプや転落防止ホロに施されています。
爽やかなカラーリングの車体、編成毎で異なるアクセントカラーをNゲージでお楽しみいただけます。実車同様に2編成を併結した4両編成も再現可能です。
金沢駅から「あいの風とやま鉄道」の富山駅まで運転されるので、「あいの風とやま鉄道521系」と合わせてお楽しみいただけます。また、金沢駅で接続するJR西日本の521系や、同時再生産の681系「しらさぎ」とも合わせてお楽しみいただけます。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-1508 IRいしかわ鉄道521系(古代紫系) 2両セット IRいしかわ鉄道521系(古代紫系) 2両セット ¥9,300+税
10-1509 IRいしかわ鉄道521系(藍系) 2両セット IRいしかわ鉄道521系(藍系) 2両セット ¥9,300+税

編成例

編成例

主な特長

・プロトタイプはそれぞれIR02編成(古代紫系)、IR03編成(藍系)の現在の形態。
・IRいしかわ鉄道独自の、前頭部と側面の水色をベースに青色が配された大胆な塗色を的確に再現。
・転落防止ホロと側面ストライプのアクセントカラーが紫色の「古代紫系」と青色の「藍系」の2種類を用意。
・各種ロゴ、表記類を的確に再現。
・特徴的なホイッスルカバーを再現。
・先頭車間転落防止幌は2種(先頭用・中間連結用)を、選択部品として用意。中間連結用は、先頭車同士の連結時に干渉を避けるために使用。
・両先頭車とも先頭部はカプラーカバー+電連のダミーカプラーを装備。付属の先頭連結用・カプラーに交換することで、先頭車同士の連結が可能。
・中間連結部はフック無しのボディマウント密自連カプラーを使用。
・ヘッド/テールライト・前面表示点灯(消灯スイッチ付)
・動力は定評あるフライホイール付き動力ユニットを搭載。安定した走行が可能。トラクションタイヤを装着済。
・前面及び側面の行先表示は「普通 富山」を印刷済。交換用として「普通 金沢」「ホリデー 金沢」の前面表示が付属。

別売対応オプション

  • ●LED室内灯クリア 品番:11-211 ¥720
  • ●LED室内灯クリア(6両分入) 品番:11-212 ¥3,600

関連製品

  • ※ IRいしかわ鉄道商品化許諾申請中
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP