N C50 <KATO Nゲージ50周年記念製品>【特別企画品】更新日:2018/09/03

更新日:2018/09/03

画像をクリックすると拡大します。

関水金属・KATOは、初の本格的国産Nゲージとして昭和40年(1965)にC50を発売しました。
Nゲージ発売50周年の平成27年(2015)、化粧煙突や曲面のエプロン部など、クラシカルな外観を持つ黎明期のC50蒸気機関車をプロトタイプとし、50年の時を経た現代の技術で、特別企画品として再び製品化。

ASSY表(PDF)は、PCでのみ閲覧できます。

品番 品名 ASSY表 本体価格
2027C50 <KATO Nゲージ50周年記念製品> C50 <KATO Nゲージ50周年記念製品> ¥20,000+税

主な特長

● C50は昭和4~8年(1929~1933)にかけて製造された客貨両用の8620形に代わる近代形機として登場し、158両製造されたC形テンダー機。動輪位置の違いで前期形と後期形に大別されます。
日本海側と四国を除いてほぼ全国的に配置され、大都市近郊の快速列車や急行軽貨物(宅扱い)列車などで活躍しました。戦後は大半が入換機として使用され、最後まで営業用の仕業に就いていた両毛線・日豊本線からも昭和43年(1968)には撤退、昭和49年(1974)には全車廃車となりました。
● 登場当初、戦前の旅客運用に就いていたオリジナルの形態を製品化。ATS非装備、化粧煙突、曲面のエプロン部、ナンバープレートは形式入。
● 光沢のある塗装と磨き出された動輪を再現。
● 一般製品とは異なる記念製品の特徴として、華々しく活躍していた全盛期のイメージを再現。
● 牽引する車両としては同時発売のオハ32000形(オハ31系)客車がベストマッチ。4~7両程度で戦前の快速列車の雰囲気が再現可能。
● 走りに定評あるコアレスモーター搭載動力ユニット、フライホイール装着でスムーズで安定した走行を実現。
● スポーク車輪をリアルに再現。
● 前照灯点灯(消灯スイッチ不要)
● 落成後の光沢のある塗装イメージとし、タイヤ部は銀色で磨き出された車輪を表現。
● 最小通過半径R249、室内灯付の客車6両程度の牽引力可能。
● 特別装丁の化粧箱の中にクリアケース入車両・記念冊子・記念DVDを封入。ペーパーインサートは初期製品のものを模したデザインで再現。
● 選択式ナンバープレート(21、35、50、54号機)
● 交換用ナックルカプラー(テンダー側)付属。
*重連およびバック運転は考慮しないため、重連用カプラーの設定はありません。

別売対応オプション

関連製品

  • ● お知らせ
  • 「KATO Nケージ生誕50周年記念誌」のお引き換えは終了いたしました。

  • 記念誌特設サイト:https://katomodels.wixsite.com/50thmm
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP