N EF65 0更新日:2018/04/26

更新日:2018/04/26

EF65 0番台は中高速域の加速性能が不足していたEF60の改良と、標準化の推進を目的に開発された、平坦線区用の直流貨物機として登場しました。増備とともに、各路線における貨物列車の電化の進展を担い、昭和45年(1970)までに総数135両が製造されました。
岡山・稲沢第二の各機関区に配置され、主に東海道・山陽本線の貨物牽引で活躍しました。

ASSY表(PDF)は、PCでのみ閲覧できます。

品番 品名 ASSY表 本体価格
3088-1EF65 0 EF65 0 ASSY表 ¥7,200+税

編成例

編成例

主な特長

● 昭和50年代の稲沢第二区所属の頃の姿がプロトタイプ。
● 前面通風口は車体に設置され、大形の誘導員手スリ、前面ステップが幅広のもの、赤色板 非対応の標識灯の形状、スカートの誘導員用ステップは機関士側のみの4、5次車を再現。
● JR無線アンテナ/GPSアンテナなし、避雷器はLA15(銀)、Hゴムグレー、ボックス輪心、屋根上は青色の姿で再現。
● フライホイール搭載動力ユニットにより安定した走行を実現。
● 前照灯点灯、ライトユニットLEDは電球色を採用。
● スノープロウ非装備。
● 選択式ナンバープレート:「87」「91」「100」「113」 メーカーズプレート:「東洋・汽車」「川重・富士」「日車・富士」
● アーノルドカプラー標準装備。交換用ナックルカプラー付属。

別売対応オプション

関連製品

  • ※ JR貨物承認済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP