N EF71 1次形更新日:2018/03/08

更新日:2018/03/08

画像をクリックすると拡大します。

奥羽本線は東北本線から分岐し福島を出発すると、すぐさま東北地方の脊梁山脈である奥羽山脈を越える第一関門の板谷(いたや)峠に挑みます。33.3‰という急勾配が連続する板谷峠は、国内屈指の勾配線区でした。
昭和43年に東北本線の全線交流電化に合わせ、米沢までの板谷峠の区間も、直流から交流へと切替えられ、同時に複線化されて輸送上の隘路となっていた板谷峠は大きく改善されることとなり、奥羽本線の専用機として登場したのがEF71です。
EF71は、交流電機では珍しいF形で登場し、初の電気回生ブレーキを装備、板谷峠専用機としての仕様を備えて、客貨両用の万能機として活躍しました。
ディーゼル特急「つばさ」のキハ81やキハ181系を牽引し、板谷峠を走行したことは、有名で、昭和50年(1975)の「つばさ」の電車化まで続きました。
KATOは、交流電気機関車最大のEF71を、ご期待に応えて製品化。奥羽本線を行き交う様々な列車を従えて、急勾配に挑むシーンを再現してお楽しみください。

ASSY表(PDF)は、PCでのみ閲覧できます。

品番 品名 ASSY表 本体価格
3079-1EF71 1次形 EF71 1次形 ¥7,200+税

編成例

編成例

主な特長

● 奥羽本線・板谷峠。幹線ながら日本有数の急勾配線区で活躍した交流電気機関車EF71。
● 勾配区間に備え、交流機には珍しい6軸駆動F形で交流回生ブレーキを装備したEF71。その特徴を余すところ無く再現。
● キハ81系やキハ181系「つばさ」との連結運転から、寝台特急「あけぼの」、急行「津軽」はもちろんのこと、貨物列車も牽引の万能機。
● 1次形をプロトタイプに、国鉄時代に活躍した内バメ式テールライトに前面通風口が付いた姿を再現。
● デフロスター装備の前面窓、乗務員側窓はオリジナル。ツララによる前面窓破損防止のプロテクター取付ボルトを表現。
● 前面窓ガラス/側面明かり窓のHゴムはグレーで設定。交流機特有の屋根上碍子は白で再現。
● 前面手すり・開放てこは別パーツにて装着済
● 交換用ナンバープレートは、切抜文字ナンバーで、1、4、7、9号機の4種。メーカーズプレートは「東芝」「三菱」が付属。
● 幅広で薄板の前面ステップ、重連仕様の特徴である賑やかなスカート周りのジャンパ栓も、実感的に別パーツで付属。
● 定評ある、フライホイール搭載の動力ユニットで、安定した走行と勾配線区専用機に相応しい牽引力を発揮。
● クイックヘッドマークは「あけぼの」「快速 かもしか」の2種が付属。
● アーノルドカプラー標準装備。交換用にKATOナックルカプラーが付属。キハ81系やキハ181系「つばさ」との連結運転にも対応。
● パッケージは、標準のクリアケース入。

別売対応オプション

  • ●マグネマティックカプラー No.2001 品番:11-712 ¥1,000

関連製品

  • ※ JR東日本商品化許諾済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP