N 阪急電鉄9300系更新日:2016/07/01

更新日:2016/07/01

阪急電鉄京都線で活躍する9300系は、6300系に代わる京都線のクロスシート特急車として、平成15年(2003)に登場しました。時代の変化で、京阪間直通特急の2扉ではなく、沿線重視へと軸足を移し3扉車となったものの、伝統のクロスシートのスタイルは継承し、特急車としての風格を備えています。
特急中心の運用ながら、快速急行や準急、普通と幅広く運用され、京都線のフラッグシップ車両として活躍しています。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-1278 阪急電鉄9300系 基本セット(4両) 阪急電鉄9300系 基本セット(4両) ¥12,500+税
10-1279 阪急電鉄9300系 増結セット(4両) 阪急電鉄9300系 増結セット(4両) ¥9,600+税
10-1280 阪急電鉄9300系 8両セット 阪急電鉄9300系 8両セット ¥22,000+税

編成例

編成例

主な特長

● 阪急京都線で活躍する転換クロスシートを備えた優等列車用の9300系を製品化。新しい世代の「阪急電車」を代表するフラッグシップ車両。
● 初心者にもお求めやすい、基本4両/増結4両セットのベストセレクション製品として発売。初回のみ【特別企画品】の8両セットを発売。
● 阪急特有の光沢のあるマルーン塗色をはじめ、窓枠や客扉、手すり、靴ズリなど随所にアクセントとなる銀色を配した車体を表現豊かに再現。
● 4次車と呼ばれるグループをプロトタイプに、前照灯がLED化され、フルカラーLEDの前面表示を備えた現在の姿を製品化。
● ヘッド/テールライト、標識灯(両側)が点灯。ハイビーム点灯の4灯全点灯状態を再現。前面表示は交換可能。
● 車体側面ガラスは、熱線遮光タイプのグリーンを成形色で再現。室内シートもグリーンで表現。
● 京都方、大阪方で違う先頭車スカート形状や、密着連結器(ダミーカプラー)の電気連結器の有無などの違いをリアルに再現。
● ベストセレクション(4両)は「特急 梅田」(正面標準装備・側面印刷済)。前面交換用に「通勤特急 河原町」が付属。
● 特別企画品(8両)は「特急 河原町」(正面標準装備・側面印刷済)。前面交換用に「通勤特急 梅田」「快速急行 梅田」「準急 河原町」が付属。
● 中間連結部は、ボディーマウント式KATO伸縮密連カプラーを標準装備。実感的な連結面間とスムーズな走行を実現。
● 定評あるフライホイール搭載動力ユニットを装備。スムーズでパワフルな走行を実現。
● パッケージは、基本セットが吊り下げ式化粧箱入。増結セット/8両セットは、ブックケース。増結セットのケースに基本セットの車両を収納可能。

別売対応オプション

関連製品

  • ● DCCフレンドリーデコーダーの搭載について
  • 先頭車へのヘッド・テールライト用デコーダ「FL12(品番:29-352)」の搭載が可能ですが、動力車用デコーダ「EM13(品番:29-351)」は搭載することができません。動力車には既存の動力車用デコーダー(DZ125、DZ143等)の取り付けを行ってください。
  • ・ご不明の点はホビーセンタカトーへお問い合わせください。デコーダ取り付けサービスもご利用いただけます。
  • ※ 阪急電鉄商品化許諾済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP