N M250系スーパーレールカーゴ(新デザインコンテナ)更新日:2017/12/06

更新日:2017/12/06

JR貨物M250系は、環境負荷低減(CO2削減)と宅配便などの小口積合せ貨物の高速輸送を目的に開発された、初の動力分散タイプの特急コンテナ電車です。佐川急便ではこのM250系特急コンテナ電車を東京-大阪間の幹線輸送に採用することにより、年間で約1万4000トンのCO2削減を可能としています。平成16年(2004)3月より、東京貨物ターミナル駅-安治川口(大阪)間を1日1往復、1編成16両で専用の31フィートコンテナU54A形28個を積載し、約6時間10分の駿足で結んでいます。

M250系スーパーレールカーゴを現行の仕様にアップデートいたします。
現在活躍を続けているスーパーレールカーゴは従来とは異なるデザインのヘッドマークになり、ステッカー化されました。また搭載するコンテナもSGH(SGホールディングス)のロゴとギャラクーシ―バーを配した新しいデザインのものへと変更されました。

手頃な編成と価格の4両基本セットから始めることのできる製品構成です。
他の車両たちとは一線を画す存在の貨物電車をNゲージの世界でお楽しみいただけます。

ASSY表(PDF)は、PCでのみ閲覧できます。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-1418M250系スーパーレールカーゴ(新デザインコンテナ)基本セット(4両) M250系スーパーレールカーゴ(新デザインコンテナ)基本セット(4両) ¥12,200+税
10-1419M250系スーパーレールカーゴ(新デザインコンテナ)増結セットA(4両) M250系スーパーレールカーゴ(新デザインコンテナ)増結セットA(4両) ¥8,000+税
10-1420M250系スーパーレールカーゴ(新デザインコンテナ)増結セットB(8両) M250系スーパーレールカーゴ(新デザインコンテナ)増結セットB(8両) ¥13,000+税

編成例

編成例

主な特長

● M250系の第2~第3編成をプロトタイプに製品化。
● ヘッドマークステーを撤去してすっきりした前面周りにヘッドマークがステッカー化された現行の姿にアップデート。従来とは異なる印象のシンプルなデザインのU54A形コンテナを的確に再現。コンテナは動力車を除き、取り外しが可能。
● コンテナ内にコンパクトに収められた動力ユニットを搭載。
● 中間車連結部のカプラーは KATOカプラー密連形(PAT.)を標準装備。
● ヘッド/テールライト点灯。ヘッドライトは電球色LEDに変更。より実感的な前照灯点灯状態を再現。
● 避雷器やアンテナ類をはじめとする屋根上機器を的確に再現。
● 車体ナンバー、車体表記を車体に印刷済。
● 車体側面に表記されたスーパーレールカーゴマークを、美しく表現。
● 増結セットA(4両)は基本セットが収納可能な8両ブックケース。

別売対応オプション

関連製品

  • ※ JR貨物承認申請中 製品化協力:佐川急便株式会社
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP