N タキ1900 日本セメント更新日:2018/02/07

更新日:2018/02/07

画像をクリックすると拡大します。

タキ1900形は、セメント専用のタンク貨車として昭和39年(1964)に登場しました。台枠とタンクを一体・軽量化した優れた設計により、我国のタンク車の標準形式とも言われる優秀な性能を誇ります。また私有貨車としては最大両数を誇り、セメント専用車としては初めての40t積載を可能にした車両です。
昭和56年(1981)までの17年間にわたる製造期間内に、メーカーや所有会社による様々な形態が発生しました。
三菱鉱業セメント(株)(現・三菱マテリアル)で発注・使用された車両は、西武鉄道秩父線で活躍していました。
日立セメント株式会社所有車両は、平成18年(2006)3月まで常磐線の日立~荒川沖~隅田川間のセメント輸送に使用されて活躍していました。
日本セメント所有車は、扇形の社紋が特徴的です。
八高線セメント輸送列車で活躍。当形式のみで構成された専用列車や、ホキ5700をはじめとする他形式との混結編成など、様々な貨物列車を再現できます。

ASSY表(PDF)は、PCでのみ閲覧できます。

品番 品名 ASSY表 本体価格
8040タキ1900 三菱鉱業セメント(2両入) タキ1900 三菱鉱業セメント(2両入) ¥1,800+税
8040-1タキ1900 日立セメント(2両入) タキ1900 日立セメント(2両入) ¥1,800+税
8040-8タキ1900 日本セメント タキ1900 日本セメント ¥1,800+税

編成例

編成例

主な特長

● プラ成形技術の特長を活かしたタンク貨車の車体形状を忠実に再現。
● 手すりや台枠、パイピング等の車体各所の繊細なディテールをリアルに再現。
● 車体ナンバー、車体表記、所属会社マークを美しく詳細に再現。
● 車体ナンバーは、2両とも異なった番号を設定。
・三菱鉱業セメント・・・タキ101918、タキ101919
・日立セメント・・・タキ101921、タキ101924
・日本セメント・・・タキ101914、タキ101920 常備駅「高麗川」
● 足回りを引き締める黒色車輪を採用。
● 各2両入り

別売対応オプション

  • ●KATOカプラーN(PAT.) 品番:11-702 ¥400
  • ●マグネマティックカプラー MT-10 品番:11-711 ¥400

関連製品

  • ※ 製作協力 三菱マテリアル株式会社
  • ※ 日立セメント株式会社商品化許諾済
  • ※ 太平洋セメント株式会社 商標使用許諾済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP