KATO PRECISION RAILROAD MODELS
鉄道模型KATOホームページ
サイト全文検索
発売予定品ポスター
生産予定表(カトー製品)
生産予定表(ホビーセンターカトー製品)
在庫検索
製品情報トップ
製品情報検索
ベストセレクション
ユニトラム
ユニトラック レイアウトプラン特集
Facebook
Twitter
イベント情報
ご意見窓口
故障修理のご依頼方法
会社概要 ・採用情報

販売店検索
海外販売網

YouTube KATO鉄道模型チャンネル
KATO Nゲージ鉄道模型入門
ホビーセンターカトー
カスタムショップ
鉄道模型オンラインショップ
KATO京都駅店
KATO USA
鉄道模型コンテスト

 ホーム >> 製品情報 >> DCC電車形デコーダ [ Japanese / English ]

DCC電車形デコーダ 更新日: 2006/02/23
tweet on twitter

上:EM13、左:FL12、右:FR11


    
新時代の運転システムであるDCC(デジタル コマンド コントロール)に使用する電車形デコーダ(受信機)3種が登場。
DCCフレンドリーの電車・気動車や白色室内灯セットにワンタッチで装着することができます。(めんどうな半田付作業が不要)。
品番 品名 本体価格
29-351 電車形動力車用デコーダEM13 ¥ 2,000+税
29-352 電車形先頭車用デコーダFL12 ¥ 1,500+税
29-353 電車形室内灯用デコーダFR11 ¥ 1,500+税
※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
●  電車形動力車用デコーダEM13
 ・許容電流値:1A(ピーク電流値1.5A) 
 ・リセット・BEMF(定速制御)・トランスポンディング(位置検出)機能付
 ・ファンクション回路:なし
 ・動力車の床下に差し込みます(床下機器と台車をいったん外します)。
●  電車形先頭車用デコーダFL12
 ・トランスポンディング(位置検出)機能付
 ・ファンクション回路:2系統(各125mAまで)
 ・ライトは進行方向に合わせて自動的に切り換わります。
 ・基板の差し込む向きにより、ヘッド/テールライトの点灯が入れ替わります(編成の後尾車には反対向きに差し込みます)。
 ・床下機器を外して消灯スイッチを取り出し、同じ位置にデコーダを差し込みます。
●  電車形室内灯用デコーダFR11
 ・トランスポンディング(位置検出)機能付
 ・ファンクション回路:1系統(65mAまで)
 ・白色室内灯ユニットと組み合わせて車両に搭載します。専用ブラケット1個付属。
 *室内灯セット(品番:11-201、11-205)、新室内灯セット(品番:11-204、11-206)には使用できません。
●  説明書付属
 *トランスポンディング機能とは、レイアウト上から特定の列車を探したり、その列車の状態を把握する事ができる機能です。スロットルやパソコンの画面を使って情報を表示できます。
 *FL12・FR11デコーダのプログラム操作は「書き込み」のみ可能です。「読み出し」はできませんのでご注意ください。また、データの「書き込み」時にエラー(「d_nA」)が表示される場合がありますが、「書き込み」は正常に行われておりますのでご安心ください。(異常ではありません)デコーダ内のデータが判らなくなってしまった時は、新しいデータを上書きしてください。詳しくは「FL12・FR11デコーダのご注意」をご覧ください。