ユニトラムの軌道と車両を使ってミニレイアウトを作り、富山ライトレールの色々な情景を再現します。

富山県は全国トップクラスの暮らしやすい県とされながら、マイカー依存度が高いのも実情です。そんな中で県都の富山市はコンパクトシティ化を謳い、街や乗り物の魅力を増すというプラス思考の施策が特長です。
 
富山ライトレール 富山港線は、大正時代からの路線がJR富山駅の高架化計画に盛り込まれなかったために、2006年に運営を第三セクターが引き継ぎ市街地区間を併用軌道(道路上に敷設された線路)に付け替えたうえ、車両・施設などを一新して開業した新しい交通機関(LRT)です。

 

利便性の向上に加え、車両や電停などの洗練されたデザインや、街づくりプランと一体的な事業などが高い評価を得ています。電車には時折、地域や季節に関連したラッピングが施されることでも知られ、沿線の通勤、通学、買い物などに、また観光用にと広く親しまれています。

この魅力的な乗り物を、沿線のモチーフとともに楽しむために、ミニレイアウトを構想しました。