(N)ED76 551タイプ

2021.08.02 (月)

ED76-551号機は、函館本線で使用していたED76-514号機をED79に準じた青函トンネル用の改造を平成元年(1989)に施されて誕生しました。改造に伴い外板塗装も赤一色から車体下部周辺をグレーに塗装境界線部は白帯に一新されました。当時は青函トンネル開業直後で、ED79が不足気味であったことからED76を複数機改造し増備する計画がありましたが、改造されたのは551号機1両のみに留まりました。
改造後は、青函運転所に転属し青函トンネル(津軽海峡線)にてED79と共通で「北斗星」、「エルム」、「日本海」、「海峡」、「はまなす」を牽引していましたが、ED79(全長14.3m)よりもED76(全長18.4m)は4mも長いため駅構内での停止位置が異なるなど、運用上の注意が必要であったため、晩年は「トワイライトエクスプレス」に集中して使われました。

 

 ボタン2.png

 

 

 

主な特長


●ED76 500をベースに特徴のあるツートンのカラーリングを的確に再現。
●JR列車無線アンテナ付属。(屋根の裏側に穴開けガイドあり)
●クイックヘッドマーク付属。「海峡」「エルム」
●ED76 500をベースに特徴のあるツートンのカラーリングを的確に再現
●JR列車無線アンテナ付属。(屋根の裏側に穴開けガイドあり)
●クイックヘッドマーク付属。「海峡」「エルム」
●美しいカラーリング、精悍な車体、手すりや解放テコを的確に表現
●メーカーズプレート選択式・東芝、三菱(実車は東芝)

 

ed76551_m.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製品はKATOのED76 500番台を流用しますので、屋根上の補助変圧器や点検蓋、ルーバーの有無、など実車と異なります。
※ JR北海道商品化許諾済