N マニ44更新日:2019/11/29

更新日:2019/11/29

昭和の国鉄時代、鉄道の荷物輸送は旅客列車に連結された荷物車で行なわれていましたが、輸送量の増大に合わせて専用の荷物列車が運行されるようになり、東海道・山陽本線や東北本線などの幹線筋では急行荷物列車も運転されていました。
昭和43年(1968)、荷物輸送近代化の切り札として登場した新製パレット車による、パレット輸送が始まりました。その中でもマニ44はパレット用荷物車の完成形と呼ばれています。一見すると貨車のような外観をしているのが特徴的で、従来の荷物車・郵便車と編成を組んで活躍する姿が各地で見られました。

品番 品名 ASSY表 本体価格
5146 マニ44 マニ44 ¥2,200+税

編成例

編成例

主な特長

・車体全体が青15号で塗装され、荷物室前後に車掌室と出入台がある特徴的な外観
・マニ44 2109の車掌室側のみテールライト点灯(消灯スイッチ付)
・DCCフレンドリー

別売対応オプション

  • ●LED室内灯クリア 品番:11-211 ¥720
  • ●LED室内灯クリア(電球色) 品番:11-213 ¥720

関連製品

  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP