KATO PRECISION RAILROAD MODELS
鉄道模型KATOホームページ
サイト全文検索
発売予定品ポスター
生産予定表(カトー製品)
生産予定表(ホビーセンターカトー製品)
在庫検索
製品情報トップ
製品情報検索
ベストセレクション
ユニトラム
週刊レイアウトプラン特集
Facebook
Twitter
イベント情報
ご意見窓口
故障修理のご依頼方法
会社概要 ・採用情報

販売店検索
海外販売網

KATO Nゲージ鉄道模型入門
ホビーセンターカトー
カスタムショップ
鉄道模型オンラインショップ
KATO USA
鉄道模型コンテスト
JAMコンベンション

 ホーム >> 製品情報 >> EF63 [ Japanese / English ]

EF63 (パワーパックハイパーD対応) 更新日: 2014/05/09
tweet on twitter

EF63 1次形   拡大画像

EF63 2次形   拡大画像


    
日本の鉄道史上欠くことのできない信越本線 横川-軽井沢間の通称「碓氷峠」は、平成9年9月30日廃止されました。鉄道ファンのなかでは、今でも伝説の峠として語り継がれています。
KATOは、この「碓氷峠」をNゲージ「碓氷峠シリーズ」としてEF63を中心に今なお再現し続けています。
品番 品名 本体価格
3057-3 EF63 1次形(パワーパックハイパーD対応)  好評発売中  [2014年6月発売]
¥ 7,500+税
3057-4 EF63 2次形(パワーパックハイパーD対応)
¥ 7,500+税
関連製品

489系初期形「白山・あさま」

キハ82系

189系 国鉄色「あさま」
 
●  客車や貨車、489系・キハ82系などにも使われている自動連結器と、189系電車で使用されている密着連結器が一つになった双頭式連結器を再現したナックルカプラー(双頭式)を採用(第2エンド側:軽井沢側のみ)
●  EF63 1次形・2次形の違いを的確に表現
 ・テールライト・・・小判形内バメ式(1次形)、内バメ式(2次形)
 ・前面クリーム警戒色の縦幅の違いを表現
 ・スカート2エンド側の双頭式連結器用切換コック位置の違いを表現
 ・避雷器の位置・・・右側にオフセット(1次形)、中心(2次形)
 ・乗務員扉上の水切り形状や補助取手の形状の違いを表現

●  実感的な連結間隔を再現
●  第2エンド側ジャンパ栓には気動車対応可能な状態を再現
●  中間台車の速度検知用遊輪を表現
●  PS17Cパンタグラフのフネ先端は軽量ホーンで再現
●  屋根上モニター上面のリブを連続するタイプに改修
●  ナンバープレートはメタルレタリングシート
 ・1次形・・・3、4、11、12号機、2次形・・・18、19、20、21号機
●  メーカーズプレート・・・1次形(東芝、三菱/新三菱)、2次形(川崎、川重/富士電機)
●  運転台を表現(操作盤・イス・室内シースルー化)
●  車体表記をリアルに再現
●  単品
●  ヘッドライト/テールライト点灯(消灯スイッチ付)
●  フライホイール搭載
●  付属品
 ・ナックルカプラー長
 *付属のカプラー長と交換するとR282のSカーブが通過可能
 ・車体ナンバーメタルレタリングシート
 *他車種との協調運転を考慮してトラクションタイヤは装備しておりません。
 *自動解放を楽しむ場合はトリップピン付きのKATO USAナックルカプラーへ交換が必要です。
 *KATOの(N)EF63(品番3057-1・3057-2)は、電気機関車では稀なテールライト点灯機能が有り、特殊な回路構成になっております。それによりパワーパック ハイパーD(品番22-013)を使用した場合、そのままでは線路に載せても動きません(実際に使用しても車両やパワーパックが壊れることはありません)が、EF63の部品をパワーパック ハイパーD対応のものへ交換することで走行できるようになります。
 詳しくは、「(N)EF63をパワーパック ハイパーDに対応させるための加工について」を参照ください。
※ JR東日本製品化許諾済
※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。