KATO PRECISION RAILROAD MODELS
鉄道模型KATOホームページ
サイト全文検索
発売予定品ポスター
生産予定表(カトー製品)
生産予定表(ホビーセンターカトー製品)
在庫検索
製品情報トップ
製品情報検索
ベストセレクション
ユニトラム
ユニトラック レイアウトプラン特集
Facebook
Twitter
イベント情報
ご意見窓口
故障修理のご依頼方法
会社概要 ・採用情報

販売店検索
海外販売網

YouTube KATO鉄道模型チャンネル
KATO Nゲージ鉄道模型入門
ホビーセンターカトー
カスタムショップ
鉄道模型オンラインショップ
KATO京都駅店
KATO USA
鉄道模型コンテスト

 ホーム >> 製品情報 >> キハ81系「いなほ・つばさ」

キハ81系「いなほ・つばさ」 更新日: 2018/08/10
tweet on twitter

キハ81系「いなほ・つばさ」   拡大画像

キハ82 900   拡大画像

キハ80初期形   拡大画像

キハ81系 「くろしお」   拡大画像

キハ81系 「はつかり」 【レジェンドコレクション】   拡大画像



  拡大画像


  拡大画像


EF71連結例(板谷峠を再現)  拡大画像


上:キハ82-900、下:キシ80-901  拡大画像


交換用ヘッドマーク  拡大画像


キハ81先頭部連結用カプラー装着例  拡大画像

    
昭和35年(1960)に、非電化区間のホープとして誕生したディーゼル特急キハ81系は、翌年に誕生したキハ82系と共に国鉄特急のネットワークを構築し、旅客輸送の近代化に大きく貢献しました。
登場時の上野―青森間の「はつかり」での活躍後、電化などに追われて、昭和43年(1968)から活躍の場を「つばさ」に移し、翌昭和44年(1969)10月からは新設された「いなほ」に転用されました。運用の間合いを活用して運転された「ひたち」は、この時初めて登場し、現在も名前を受け継いだE657系が特急として活躍しています。昭和47年(1972)から紀勢本線の特急「くろしお」として活躍しましたが、昭和53年(1978)9月新宮-和歌山間の電化完成により、その役目を381系へと譲り、引退となりました。
品番 品名 本体価格
10-1497 キハ81系「いなほ・つばさ」 7両基本セット  好評発売中  [2018年8月発売] ¥ 19,400+税
6068 キハ82 900  好評発売中  [2018年8月発売] ¥ 3,200+税
6064-2 キハ80 初期形  好評発売中  [2018年8月発売] ¥ 1,700+税
10-849 キハ81系「くろしお」 7両基本セット
¥ 17,800+税
10-850 キハ81系「くろしお」 3両増結セット
¥ 7,600+税
10-820 キハ81系 「はつかり」 9両セット ¥ 21,500+税
関連製品

キハ82系

EF71
   
●  キハ81系「いなほ・つばさ」
 ・キハ81系の中間期に活躍した「いなほ」「つばさ」「ひたち」の頃の姿で製品化。
 ・キハ81は先頭部の特徴あるボンネット形状や、乗務員扉横のタブレットキャッチャーの無い姿を再現。先頭車先頭部の連結器はダミーカプラー標準装備。
 ・キハ81先頭部連結用のナックルカプラー付属。
 ・キハ81のセットの中間車キハ80、キロ80はカバーの無いエンジン、車端部床下に取り付けられたタンクを再現。
 ・キロ80はグリーンマークのある昭和44年(1969)5月以降の姿で再現。
 ・屋根上には常磐無線アンテナを装備。
 ・キハ81のセットの食堂車キシ80 900と単品のキハ82 900は初の製品化。キシ80 900の床下に備わる走行用エンジンや、キハ82 900の元グリーン車ならではの窓配置などを的確に再現。
 ・各車ヘッド/テールライト、愛称表示点灯。単品のキハ82 900は消灯スイッチ付。
 ・台車は全てDT31を装備。
 ・イスの色はグリーン車が茶色、普通車は青色、食堂車はアイボリーで表現。
 ・愛称サボ、号車サボ、行先表示を収録したシールが付属。
 ・セットのヘッドマークは「いなほ」を取付済。交換用として「つばさ」「ひたち」が付属。
 ・単品のキハ82 900は無地の愛称表示を取付済。交換用として「北斗」「オホーツク」及び、両列車用のサボシールが付属。
 ・フライホイール・サスペンション機構搭載動力ユニットで、スムーズな走行性を実現。
 ・中間連結部はボディーマウント式のKATOカプラー伸縮密自連形標準装備。
 ・DCCフレンドリー

●  キハ81系「くろしお」
 昭和53年(1978)キハ81の最後の活躍は、名古屋―天王寺間を直通で結ぶ下り「くろしお5号」上り「くろしお2号」で、紀伊半島をぐるり名古屋-天王寺間の493.1kmを、8時間24分かけて10両編成で運転されていました。他の「くろしお」は、白浜で8〜10号車(増結編成)を増解結し、新宮まで基本の7両編成という運用が多く見られ、新婚旅行先として当時人気のあった南紀地方へ向かうため、グリーン車が2両連結され食堂車も営業されていました。
 ブルドックと呼ばれた特徴ある前面スタイルのキハ81を、「はつかり」とは違う最期の姿でリアルに再現。・キハ81前頭部はカプラーカバーを外し、連結器が剥き出しとなった末期の形態。
 ・運転席屋根上には乗務員用のクーラーを搭載。
 ・常磐線の「ひたち」運用時に取り付けられた、常磐無線アンテナの設備跡を再現。中間連結部はボディーマウント式のKATOカプラー伸縮密自連形標準装備。
 ・「くろしお」で運用されていた、グリーン車キロ80が2連で組成された編成を再現。
 ・フライホイール・サスペンション機構搭載動力ユニットで、スムーズな走行性を実現。
 ・前面愛称表示は「くろしお」を装備。
 ・側面サボはシールで付属、天王寺-白浜・新宮・名古屋の3区間を設定。
 ・基本・増結セット共に、7両タイプブックケース入。
 
●  キハ81系 「はつかり」 9両セット 【レジェンドコレクション】
 今なお名車としての人気の高いキハ81系登場当時の姿でモデル化。
 パッケージはレジェンドコレクションとして専用品を設定し、名列車キハ81系「はつかり」を製品化。
 ・9両セット
 キハ81-4+キロ80-1+キロ80-3+キサシ80-1+キハ80-10(M)+キハ80-7+キハ80-4+キハ80-1+キハ81-1
 ・昭和35年登場当時の形態をモデル化。キハ80 1次形、キロ80は登場時を再現するため、既存車両との違いを再現
 ・サボ受の位置、車体の給水口、屋根上の換気ダクトなし、屋根上水タンク(キロ80)なし
 ・キハ81は運転台上部のクーラーは未設置、連結器カバー付きのオリジナル形態
 ・はめ替え可能な点灯式ヘッドマークを採用(「はつかり」を取りつけた状態で販売)。交換用ヘッドマークに「ひたち」「いなほ」「つばさ」「くろしお」を付属
 ・登場時に装備していた、車両連結間の外ホロを別部品で展示用として付属
 ・ヘッドライト/テールライトを標準装備(キハ81のみ)
 ・動力車(キハ80-M-)に、フライホイール搭載動力ユニットを採用
 ・キロ80のエンジ色のシートと1等車の表記を美しく表現
 ・(N)KATOカプラー伸縮密着自連形PAT.P(ボディマウント)を標準装備
●  LED室内灯 クリア 品番:11-211 ¥720
●  LED室内灯 クリア(6両分入) 品番:11-212 ¥3,600
※ JR東海許諾済、JR西日本商品化許諾済
※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。