N 24系25形 寝台特急「瀬戸・あさかぜ」更新日:2018/06/11

更新日:2018/06/11

画像をクリックすると拡大します。

東京~高松間を結んだ「瀬戸」と東京~下関間で運転された「あさかぜ(3・2号)」はJR時代初期に共通の車両を用いて運用されていました。電源車のカニ24の代わりにパンタグラフを装備したラウンジカ―のスハ25で給電を行い、代わりの荷物室を装備したオハネフ25 300が編成中に組み込まれた個性の強い寝台列車です。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-1484 24系25形 寝台特急「瀬戸・あさかぜ」 7両基本セット 24系25形 寝台特急「瀬戸・あさかぜ」 7両基本セット ¥15,800+税
10-1485 24系25形 寝台特急「瀬戸・あさかぜ」 6両増結セット 24系25形 寝台特急「瀬戸・あさかぜ」 6両増結セット ¥13,000+税

編成例

編成例

主な特長

● ラウンジカーが組み込まれた、1990~1991年頃の編成を製品化。パンタグラフが特徴的なスハ25 300、A寝台個室のオロネ25 300、荷物室を設置したオハネフ25 300を新規パーツで再現。また、オハネフ25 100端部の非常時パンタグラフ降下指令用のKE70ジャンパ栓が追加された姿を再現。
● オハネフ25 300:追加された荷物室、増設された乗降扉、妻面に追加されたKE70ジャンパ栓受を再現。テールライト・変換式愛称表示点灯。
● オロネ25 300:特徴的な並びの客室側の窓、増設された水タンクを再現。
● スハ25 300:黒縁の外周が銀色の横長なラウンジ窓や多数のルーバー、パンタグラフ搭載による賑やかな屋根上を再現。
● オハネフ25の機関車連結面側はアーノルドカプラー標準装備。交換用にナックルカプラー付属。中間連結部は密自連タイプのボディマウントカプラー標準装備。
● 7号車、13号車のオハネフ25はテールライト点灯。7号車のオハネフ25 147は消灯スイッチ付。
● 車体の帯の色はオロネ25、スハ25のみ金帯。その他は銀帯で再現。
● Hゴムはオロネ25の窓全て、オハネフ25 300の愛称表示窓と客窓以外、オハネフ25 100の妻面監視窓2ヶ所は黒色、それ以外は全てグレーで再現。
● 号車サボ印刷済、側面行先表示は「特急 瀬戸 高松」を印刷済。
● 変換式愛称表示は「瀬戸」「あさかぜ」「臨時」を収録。
● 増結用の6両ブックケースには、機関車を1両入れるスペースを確保。

別売対応オプション

  • ●LED室内灯クリア 品番:11-211 ¥720
  • ●LED室内灯クリア(6両分入) 品番:11-212 ¥3,600

関連製品

  • ※ JR西日本商品化許諾申請中
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP