N E231系500番台 山手線更新日:2013/08/02

更新日:2013/08/02

画像をクリックすると拡大します。

首都圏の大動脈であるJR東日本・山手線は、より安全な輸送を目指して駅ホームへの可動式ホーム柵(ホームドア)の設置が進められており、今後山手線全駅への設置工事が予定されています。それに伴い、6扉車は廃車され、全車を4扉化されました。
KATOは、新たに活躍を始めた4扉で統一された編成をお手軽に楽しんでいただけるよう、セット内容をリニューアルしてお届けいたします。

ASSY表(PDF)は、PCでのみ閲覧できます。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-890E231系500番台山手線 4両基本セット E231系500番台山手線 4両基本セット ¥10,600+税
10-891E231系500番台山手線 4両増結セットA E231系500番台山手線 4両増結セットA ¥7,700+税
10-892E231系500番台山手線 3両増結セットB E231系500番台山手線 3両増結セットB ¥6,200+税

主な特長

● 全車が4扉車となった、最新の山手線のE231系500番台を、基本/増結A/増結Bセットの組合せで的確に再現。
● 窓配置が特徴的な10号車サハE231-4600番台を基本セットにラインナップ。今の山手線が楽しめます。
● 山手線のラインカラーである、ライトグリーンの帯をまとったステンレス車体の質感豊かに表現。
● 4両基本セット+4両増結セットA+3両増結セットBで実車どおりの11両フル編成も再現可能です。
● 基本セットは、吊下げ式新パッケージを採用。また、4両増結セットAは基本セットが収納可能な8両ブックケースを採用しておりますので、編成を8両に増やした場合でもスッキリ収納が可能です。
● 前面ガラスに青色グラデーションを表現。
● プロトタイプは、東京総合車両センター(東トウ)の551編成。
● AU726Bトランスポーテック社製クーラー搭載。(サハE231-600、サハE231-4600を除く)
● フライホイール搭載動力ユニットを採用
● サスペンション機構
● DCCフレンドリー
● 前面窓から見える乗務員室背面仕切りを表現。また、同時に仕切り窓を通して室内を見ることができます。
● ヘッド/テールライト点灯(クハE231-500、クハE230-500)
● KATOカプラー伸縮・密連形PAT.標準装備 → 中間車連結部
● 付属部品(先頭車)・行先表示シール ・屋根上機器(ユーザー付部品)

別売対応オプション

  • ●LED室内灯クリア 品番:11-211 ¥720
  • ●LED室内灯クリア(6両分入) 品番:11-212 ¥3,600

関連製品

  • ※ JR東日本商品化許諾済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP