N 西武鉄道 101系 <初期形・分散冷房>更新日:2015/02/07

更新日:2015/02/07

画像をクリックすると拡大します。

西武鉄道101系に昭和47年(1972)、西武初の通勤冷房車として試作冷房車と呼ばれる集約分散形冷房装置(パンタグラフ搭載車は集中冷房装置)を搭載した編成が登場しました。その後、101系は集中冷房方式となりましたが、分散冷房搭載編成は昭和63年(1988)まで活躍しました。西武電車の中でも一風変ったスタイルの101系<分散冷房車>は、西武ファンの中でも人気の車両でした。
KATOは、西武101系シリーズとして人気の高い<分散冷房車>の編成を新たに製品化。西武ファンの期待に応えます。<分散冷房車>の活躍期間から、既存の101系・新101系の旧塗色車との併結運転が楽しめます。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-1101 西武鉄道101系<初期形・冷房>4両基本セット 西武鉄道101系<初期形・冷房>4両基本セット ¥12,000+税
10-1102 西武鉄道101系<初期形・冷房>4両増結セット 西武鉄道101系<初期形・冷房>4両増結セット ¥7,500+税
10-1103 西武鉄道101系<赤電>4両セット 西武鉄道101系<赤電>4両セット ¥12,000+税
10-1185 西武鉄道101系<初期形>新塗色 4両基本セット 西武鉄道101系<初期形>新塗色 4両基本セット ¥12,000+税
10-1186 西武鉄道101系<初期形>新塗色 4両増結セット 西武鉄道101系<初期形>新塗色 4両増結セット ¥7,500+税
10-1208 西武鉄道101系<初期形・冷房>6両セット 西武鉄道101系<初期形・冷房>6両セット ¥16,000+税
10-1251 西武鉄道101系<初期形・分散冷房>4両基本セット 西武鉄道101系<初期形・分散冷房>4両基本セット ¥12,000+税
10-1252 西武鉄道101系<初期形・分散冷房>4両増結セット 西武鉄道101系<初期形・分散冷房>4両増結セット ¥8,000+税

編成例

編成例

主な特長

● 西武鉄道 101系 〈初期形・冷房〉
・西武101系初期形の分散冷房搭載編成が登場。101系・新101系(旧塗色)など従来の101系と併結して楽しめます。
・上から眺める機会が多いNゲージで、クーラー様式の違いによる大きな屋根上の変化が楽しめる西武ファン待望の一品。
・先頭車と中間車(パンタ無)の、集約分散形クーラー(CU16)搭載の屋根上を的確に再現。
・また中間パンタ搭載車の屋根上も、集中形クーラー(CU72)搭載位置やベンチレータの有無など、標準冷房車との相違を的確に作り分け。
・ベンチレータの無い独特の屋根上構造や配管引き回しの相違など、多数派の集中形クーラー搭載車とは異なる独特の雰囲気を再現。
・クーラーは分散式、集中式共に新規に別パーツ化。色はグレーで再現。車体はもちろん活躍時期から旧塗色で再現。
・前面飾り帯、客ドア、前面手すりの各ステンレス部やアルミサッシ窓など西武の特徴を、質感差をつけて的確に表現。
・基本/増結セット共にヘッドライト/テールライト標準装備。先頭車同士の連結に対応し、消灯スイッチ付。
・基本セットの先頭車はダミーカプラー標準装備。併結用にKATOカプラー密連形(ジャンパー管なし)付属。
・増結セットの先頭車カプラーは、KATOカプラー密連形(ジャンパー管なし)標準装備。
・動力ユニット(フライホイール無)は、様々な併結スタイルを楽しむために、101系初期形・新101系と共通のものを採用。
・基本/増結セット共に、101系初期形(旧塗装)と同様の行先表示シールが付属。新たに「急行 奥武蔵」のヘッドマークを追加。
・パッケージは、基本セットが8両ブックケース入で、増結4両を収納可能。増結セットは紙箱4両入。
● 西武101系の新しいシリーズ展開。初期形の新塗色が4両編成で登場。既存の新101系とも併結が可能。
● 前面飾り帯、客ドア、前面手すりの各ステンレス部やアルミサッシ窓を、質感差をつけて的確に表現。
● 101系初期形新塗色と、新101系2両先頭車増結セット旧塗色(新塗色は既存シール)に新規の行先表示シールが付属。
● 4両編成(基本/増結セット)は窓回りのベージュがなくなり、イエロー地1色となった鮮やかな新塗色を再現。
● 基本/増結セット共にヘッドライト/テールライト標準装備。先頭車同士の連結に対応し、消灯スイッチつき。
● 先頭車カプラーは基本セットがダミーカプラー標準装備。連結用にKATOカプラー密連形(ジャンパー管なし)付属。
● 動力ユニットは、様々な併結スタイルを楽しむために新101系、101系初期形と同様の動力ユニットを採用。
● 101系新塗色のパッケージは、基本セットが8両ブックケース入で、増結4両を収納可能。増結セットは紙箱4両入。

● 西武鉄道 101系 〈初期形・冷房〉
・101系から採用された、イエロー地に窓回りがベージュの鮮やかな塗色、初期形の冷房車編成を4両編成で再現。
・<赤電>は西武鉄道旧形車で見られた、ローズピンクとベージュの旧標準色を再現。懐かしい雰囲気が楽しめます。
・先頭車カプラーは基本セットがダミーカプラー標準装備。連結用にKATOカプラー密連形(ジャンパー管なし)付属。
・増結セットは先頭車カプラーがKATOカプラー密連形(ジャンパー管なし)標準装備。
・動力ユニットは、既存の新101系との併結を楽しむため、新101系と同様の動力ユニットを採用。
・前面飾り帯、客ドア、前面手すりの各ステンレス部やアルミサッシ窓を、質感差をつけて的確に表現。
・先頭車同士の連結に対応し、基本/増結セット共にヘッドライト/テールライト標準装備。消灯スイッチつき。
・101系<赤電>の仕様は基本セットに準じますが、クーラーは銀色で再現。(イエロー塗装はクーラーはグレー)
・パッケージは基本セットが、8両ブックケース入で、増結4両を収納可能。・増結セットは紙箱4両入。
・赤電」は、4両ブックケース入。

● 西武鉄道 101系 〈初期形〉 6両セット
・当初は非冷房の4両編成でしたが、昭和48年(1973)からの冷房化と同時に6両編成が登場しました。4両編成(50編成)が主だった101系〈初期形〉の中で、数少ない6両編成(13編成)は重用され、池袋線・新宿線という二大線区のみならず、国分寺線や拝島線などの支線区でも活躍しました。懐かしい旧塗装の101系6両編成をお楽しみください。昭和49年(1974)に6両編成化された、「5000系〈レッドアロー〉」との相性も抜群です。
・西武101系の新シリーズ展開。実車が初期形のみに設定されていた6両編成をラインナップ。
・101系から採用され、平成11年(1999)頃まで見られたイエロー地に窓回りがベージュの鮮やかな旧塗色を再現。
・製品の基本仕様は既存品「西武鉄道101系〈初期形・冷房〉4両基本/4両増結セット」を踏襲。
・実車同様に既存の101系・新101系との併結が楽しめる仕様で登場。
・前面飾り帯、客ドア、前面手すりの各ステンレス部や、アルミサッシ窓、黒Hゴムを、質感差をつけて的確に表現。
・ヘッドライト/テールライト標準装備、前面行先表示も点灯。先頭車同士の連結に対応し、消灯スイッチつき。
・先頭部にはダミーカプラー標準装備。先頭車同士の連結用に、交換用の密着連結器(ジャンパー管なし)付属。
・中間部分には台車マウント式のKATOカプラー密連形(ジャンパー管付)標準装備。
・幅広ホロを装備し実感的な連結面を再現。
・動力ユニットは、既発売の101系・新101系と同じ動力ユニットを採用し、お互いに連結して楽しめるよう配慮。
・クーラーはグレー色で再現。
・パッケージは8両ブックケース入。新101系先頭車2両増結セットを収納可能。

別売対応オプション

  • ●LED室内灯クリア 品番:11-211 ¥720
  • ●LED室内灯クリア(6両分入) 品番:11-212 ¥3,600

関連製品

  • ※ 西武鉄道商品化承認済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP