N 14系 急行「能登」 JR仕様更新日:2017/12/04

更新日:2017/12/04

画像をクリックすると拡大します。

急行「能登」は昭和34年(1959)に東京~金沢間(東海道線経由)で運行を開始し、昭和57年(1982)に信越本線経由になる際に14系客車での運転が始まりました。
EF62が牽引機として先頭に立ち、碓氷峠の上り線ではEF63 2両と共に迫力の機関車3重連での粘着運転が見られました。
また、七尾線輪島駅まで乗り入れていた頃はDE10が編成の先頭に立ち活躍する姿も見られました。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-1438 14系 急行「能登」 JR仕様 14系 急行「能登」 JR仕様 ¥17,300+税
5281-A オハ14 JR仕様 オハ14 JR仕様 ¥1,750+税
5283-A スハフ14 JR仕様 スハフ14 JR仕様 ¥2,500+税
5284-A オハフ15 JR仕様 オハフ15 JR仕様 ¥2,500+税

編成例

編成例

主な特長

● 14系 急行「能登」 JR仕様
・平成5年(1993)の客車急行「能登」末期の姿がプロトタイプ。座席車の扉は原形の折戸仕様。
・Hゴムグレー、客ドア帯無、JRマーク有りの姿で製品化。
・椅子は青色、寝台車はアイボリーで再現。
・点灯式トレインマーク変換装置「急行」「急行(ローマ字あり)」「団体」「(白幕)」
・1~8号車表示印刷済、側面行先表示は座席車「金沢」、寝台車「急行 能登 金沢」、また座席車は種別/愛称サボも印刷済。
・行先表示、サボ類のシール付属。
側面行先表示「上野」「輪島」「青森」「急行 能登 上野」「急行 能登 輪島(金沢経由)」「臨時」「団体」、「急行」「八甲田」、号車サボ「1」~「8」
・スハネフ14の車掌室側がアーノルドカプラー、その他は全てボディマウント密自連形のカプラーでリアルな車間を演出。
・セットのオハフ15、単品のスハフ14、オハフ15は前面幌装着済。
・緩急車はテールライト及びバックサイン点灯、消灯スイッチ付。(※セットの1号車スハフ14、8号車スハネフ14はスイッチ無し)
・付属部品
セット:消灯スイッチ用ドライバ、交換用ジャンハ゜栓(座席車用x2、スハネフ用x1)、ジャンハ゜栓x2、ナックルカプラーx2、行先表示シール

● 14系客車(座席車) JR仕様
・平成5年(1993)頃の姿がプロトタイプ。座席車の扉は原形の折戸仕様。
・Hゴムグレー、客ドア帯無、JRマーク有りの姿で製品化。
・椅子は青色で再現。
・点灯式トレインマーク変換装置「急行」「踊り子(絵柄)」「団体」「臨時」
・行先表示、サボ類のシール付属(オハ14を除く)。
側面行先表示「上野」「青森」「特急 踊り子 東京」「特急 踊り子 伊豆急下田」「臨時」「団体」 、「特急」「急行」「踊り子」「八甲田」「津軽」、号車サボ「1」~「12」
・スハフ14、オハフ15の車掌室側がアーノルドカプラー、その他は全てボディマウント密自連形のカプラーでリアルな車間を演出。
・スハフ14、オハフ15は前面幌装着済。
・緩急車はテールライト及びバックサイン点灯、消灯スイッチ付。
・付属部品(オハ14を除く)
単品:消灯スイッチ用ドライバ、交換用ジャンハ゜栓(座席車用)、ジャンパ栓、ナックルカプラー、密自連先頭カプラー、行先表示シール

別売対応オプション

  • ●LED室内灯クリア 品番:11-211 ¥720
  • ●LED室内灯クリア(6両分入) 品番:11-212 ¥3,600
  • ●LED室内灯クリア(電球色) 品番:11-213 ¥720
  • ●LED室内灯クリア(電球色)(6両分入) 品番:11-214 ¥3,600

関連製品

  • ※ JR東日本商品化許諾申請中
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP