N 489系 急行「能登」更新日:2019/11/07

更新日:2019/11/07

画像をクリックすると拡大します。

国鉄形ボンネット電車489系急行「能登」は、JR化後の平成5年(1993)にJR西日本の金沢運転所(現、金沢総合車両所)の489系交直流特急形電車を使用して電車化され、当初信越線経由で運転されていましたが、平成9年(1997)長野新幹線開業で信越本線の横川~軽井沢間が廃止されたため、上越線経由に変更され、定期列車として首都圏に乗り入れる最後のボンネットとして、最後の輝きを魅せています。
KATOは、国鉄特急の代名詞ともいえるボンネット車489系の最後の姿を、リアルかつ的確に再現。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-818 489系急行「能登」5両基本セット 489系急行「能登」5両基本セット ¥16,000+税
10-819 489系急行「能登」4両増結セット 489系急行「能登」4両増結セット ¥7,900+税

編成例

編成例

主な特長

● キノコ形クーラー(AU12形)搭載の初期車と、分散式クーラー(AU13形)や集中式クーラー(AU71形)を搭載した後期車で構成された、現行の金沢総合車両所H1編成をプロトタイプに再現
● 489系急行「能登」の特徴
・雨ドイ赤帯無し。
・先頭車は、JNRマーク撤去、2連ワイパーの前面窓、前面タイフォン位置変更、列車無線アンテナ取付け
・中間車は、側面の洗面所窓と非常口を閉塞
・サロ489-23(4号車)は、分散式のクーラー、AU13搭載。電話アンテナ取付。
・モハ488-204(5号車)は、AU71形集中クーラー搭載。屋根配線や窓配置も異なる後期形。
・モハ489-19(6号車)は、分散式クーラーAU13形搭載のラウンジカー。改造された独特の窓配置と室内も再現。
・車内のイスはグリーン車は紫、普通車は茶色で表現。
・屋根色はグレーで表現。
・中間車連結部にはKATOカプラー密連形(ボディマウント)を採用。
・PS16交直流パンタグラフを採用。
・フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行を実現。
・ヘッドライト(運転台上ライト含)、テールライト、トレインマーク点灯。
・ヘッドマークは「能登」を取付済。交換用ヘッドマークとして、「はくたか」「ホームライナー」「臨時」、無地を付属。
・「能登」はもちろん、各ヘッドマークに対応の行先表示シール付属。

別売対応オプション

  • ●LED室内灯クリア 品番:11-211 ¥720
  • ●LED室内灯クリア(6両分入) 品番:11-212 ¥3,600

関連製品

  • サムネイル
    N

    115系1000番台 湘南色(JR仕様)

  • ※ JR西日本承認済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP