N C55更新日:2011/02/09

更新日:2011/02/09

画像をクリックすると拡大します。

C55は1750mmの大径動輪を持つ、軽快な印象の旅客用蒸気機関車です。昭和10~12年(1935~1937)に62両が製造されました。C55からは砂箱と蒸気ドームは一体化、ランボード直線化が行われ、その姿は、後の日本形蒸気機関車のスタイルを近代化させるベースとなりました。動輪は美しいスポーク式ですが強度を増すために水かきのような補強を施しています。
2次形は当時流行の流線形として設計されましたが、のちに全機標準形に改造されました.
現在梅小路蒸気機関車館の他、北海道,九州で計4両が保存されています。

品番 品名 ASSY表 本体価格
2011 C55 C55 ¥8,600+税
2012 C55門鉄デフ付 C55門鉄デフ付 ¥8,600+税

主な特長

● 低速走行時におけるダイナミックなロッドの動きも見事に再現
● 迫力ある質感と立体感あふれるディテール、実車のもつ繊細な外観を的確に模型化
● 軽快なスポーク動輪や独特のドーム形状など、実物の持つ繊細さを再現
● C55 門鉄デフ付・・・九州の若松機関区や宮崎機関区などで活躍したデフレクター(除煙板)の裾を大きくカットしたいわゆる「門鉄デフ」が取り付けられていました。数形式の機関車に採用されましたが、C55はとりわけ「門鉄デフ」の似あう機関車といわれました。
● 単品
● 下回りを引き締める黒ニッケル車輪を採用
● スポーク先輪を表現
● ヘッドライト点灯
● 重連運転が可能(重連用カプラー付属)

別売対応オプション

  • ●KATOカプラーN(PAT.) 品番:11-702 ¥400
  • ●マグネマティックカプラー MT-10 品番:11-711 ¥400

関連製品

  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP