N FP7A+F7B / ミルウォーキー・ロード<オリンピアン・ハイアワッサ>更新日:2017/10/11

更新日:2017/10/11

画像をクリックすると拡大します。

FP7A+F7B ミルウォーキー・ロードは、アメリカの旅客運用、貨物運用として活躍したディーゼル機関車です。
従来貨物用だったF7Aを、4フィート車体を伸ばした上で暖房設備を装備し、単機でも旅客運用ができる機関車です。色映えするオレンジと赤をまとったミルウォーキー鉄道のFP7Aは重連運転でハイアワッサ号の牽引をしたのが有名で、そのほかにも短距離列車などで幅広く活躍しました。

アメリカの1950年代に活躍した、最も有名な大陸横断列車の一つ「オリンピアン・ハイアワッサ」を製品化致します。
1911年に「オリンピア」として登場して以降、何度か車両や名前を変えながら活躍を続けていたこの列車ですが、今回製品化するのは全米初のスーパードームカーが追加導入された1953年~1955年頃の「Milwaukee Road's Super Dome Olympian Hiawatha」の編成です。
編成最後尾に連結されたスカイトップラウンジカ―は客車の後部を窓で覆い尽くすようなユニークな姿で、他の鉄道会社でも類を見ない特徴的な車両です。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-753-2 ミルウォーキー・ロード<オリンピアン・ハイアワッサ> 9両セット ミルウォーキー・ロード<オリンピアン・ハイアワッサ> 9両セット ¥29,400+税
10-755-2 FP7A+F7B ミルウォーキー・ロード 2両セット FP7A+F7B ミルウォーキー・ロード 2両セット ¥19,950+税
17711-3 FP7A ミルウォーキー・ロード #95C FP7A ミルウォーキー・ロード #95C ¥11,500+税

編成例

編成例

主な特長

● FP7A+F7B ミルウォーキー・ロード
・FP7Aはヘッドライトが2灯で、旅客牽引用スカート装備、耐寒用ハッチ装備、ダイナミックブレーキ無し、SG付の姿で再現。水タンクが追加され延長された車体が特徴。
・F7Bはダイナミックブレーキ無し、SG付の姿で再現。
・ヘッドライトは2灯とも点灯。

● ミルウォーキー・ロード〈オリンピアン・ハイアワッサ〉
・1953年~1955年頃に見られた、スーパードームカーが組み込まれた編成を製品化。
・スカイトップラウンジカ―、スーパードームカーをはじめ、各窓は車体と段差のないフラットな形状を再現。
・スーパードームカーの平滑で内部を見通せるクリアな曲線窓を再現。
・テールライト及びエンド両側面のマーカーは赤色に点灯。
・オリンピアン・ハイアワッサ号の特徴的なエンブレムを美しく再現。
・付属品:解放ピン、20-000 直線線路248mm 9本、20-048 車止め線路C50mm 1本

別売対応オプション

関連製品

  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP