N キハ20系更新日:2004/11/10

更新日:2004/11/10

画像をクリックすると拡大します。

キハ20系は、全国各地での支線の無煙化を推進する要望に応えるため、先に登場したキハ17系に続いて、昭和32年(1957)に登場しました。翌33年(1958)から生産された後期形のグループは、エンジン出力増強、DT22形台車化、側窓上段の可動化などの改良が施されました。北海道仕様などの一族を含めると、1126両もが量産され、約40年間にわたって使用されました。既に形式消滅した形式が殆どですが、2基エンジン車のキハ52形や私鉄へ譲渡された車両が、現役で活躍を続けています。
KATOでは、Nゲージ黎明期の名作キハ20系一般色に、動力ユニットや車輪、床下機器色の変更を行って再生産いたします。どうぞご期待ください。

品番 品名 ASSY表 本体価格
6001-1 キハ20 一般色(M) キハ20 一般色(M) ¥2,850+税
6002-1 キハ20 一般色 キハ20 一般色 ¥850+税
6003-1 キハ25 一般色(M) キハ25 一般色(M) ¥2,850+税
6005-1 キハ25 一般色 キハ25 一般色 ¥850+税
6006-1 キハユニ26 一般色 キハユニ26 一般色 ¥850+税

主な特長

● Nゲージ黎明期の名作キハ20系一般色に、動力ユニットや車輪、床下機器色の変更を行って再生産
● 動力ユニットをKATOの標準形に仕様変更(-M-車両のみ)し、走行性能を向上(当社既存商品比)。
● 床下機器をグレー色に変更することで、リアルな外観を実現。
● 足回りを引き締める、リアルな黒色車輪を採用。
● 単品
● アーノルドカプラー標準装備
● 付属部品:なし

別売対応オプション

  • ●マグネマティックカプラー MT-10 品番:11-711 ¥400

関連製品

  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP