N 東京メトロ 有楽町線 ・ 副都心線 10000系更新日:2019/10/04

更新日:2019/10/04

画像をクリックすると拡大します。

東京地下鉄(通称:東京メトロ) 10000系は、有楽町線・副都心線用として平成18年(2006)に登場した車両で、営団地下鉄から東京メトロへ移行後初の新系列車両です。丸みを帯びたドーム形状の先頭部など独特のデザインで、その後の東京メトロの標準車両となるべく開発されました。
平成25年(2013)3月からは、東急東横線渋谷駅の地下化に伴い、副都心線との直通運転が開始され、現在は有楽町線・副都心線のみならず、東武東上線、西武有楽町線・池袋線、東急東横線、横浜高速鉄道みなとみらい線へと相互乗り入れを行い、埼玉県西部から横浜の元町・中華街まで、広範囲で活躍する姿を見ることが出来ます。
セット構成はお買い求めやすいベストセレクションタイプ。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-1259 東京メトロ有楽町線・副都心線10000系 基本セット(4両) 東京メトロ有楽町線・副都心線10000系 基本セット(4両) ¥11,000+税
10-1260 東京メトロ有楽町線・副都心線10000系 増結セットA(4両) 東京メトロ有楽町線・副都心線10000系 増結セットA(4両) ¥8,800+税
10-1261 東京メトロ有楽町線・副都心線10000系 増結セットB(2両) 東京メトロ有楽町線・副都心線10000系 増結セットB(2両) ¥3,700+税

編成例

編成例

主な特長

・東京メトロ有楽町線・副都心線、相互乗り入れ先の路線で幅広く活躍する10000系を再生産します
・初心者にもお求めやすい、基本セット、増結セットA、増結セットBの3セット形態として発売
・アルミ車体をKATO得意の銀塗装で質感豊かに再現。副都心線のブラウン、有楽町線のゴールドのラインカラーも再現
・2・9号車のベビーカーマークを再現
・前面表示は、「31S 各停 和光市」が標準装備。 ユーザー交換用に、「23S 特急 元町・中華街」「51S 普通 新木場」の前面表示が付属
・車間の貫通部に採用された全面強化ガラス扉を再現、実車同様に開放感あふれる貫通部を再現
・定評あるフライホイール搭載動力ユニットを装備。スムーズでパワフルな走行を実現
・中間連結部は、ボディマウント式KATO伸縮密連カプラーを標準装備。実感的な連結面間とスムーズな走行を実現
・パッケージは、基本セット・増結セットBは発泡中敷+化粧箱入り。増結セットAは10両用ブックケース入。基本・増結Bの収納に対応

別売対応オプション

関連製品

  • サムネイル
    N

    東京メトロ 丸ノ内線 02系(サインウェ...

  • サムネイル
    N

    東京メトロ 千代田線 16000系

  • サムネイル
    N

    V17 複線スラブ軌道線路

  • サムネイル
    N

    東京メトロ 銀座線01系

  • ● 行先表示セットがホビーセンターカトーより発売されます。
  • ・28-215 東京メトロ副都心線・有楽町線10000系 行先表示セット ¥1,500
  • ※ 東京地下鉄株式会社商品化許諾済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP