N スハ44系特急「つばめ」更新日:2010/06/02

更新日:2010/06/02

画像をクリックすると拡大します。

戦前・戦後を通じ国鉄を代表する特急列車「つばめ」の東海道本線名古屋電化時昭和29年(1954)頃、スハ44系を中心に編成された13両編成をプロトタイプに製品化。
牽引機は、電化区間東京~名古屋間は茶色のEF58初期形、当時非電化だった名古屋~大阪間はC62東海道形のリレーで所要時間約8時間で結んでいました。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-534 スハ44系 特急「つばめ」 7両基本セット スハ44系 特急「つばめ」 7両基本セット ¥12,000+税
10-535 スハ44系 特急「つばめ」 6両増結セット スハ44系 特急「つばめ」 6両増結セット ¥10,000+税

主な特長

● スハ44系客車で編成された客車特急「つばめ」の最盛期、ぶどう色1号の姿をモデル化。往年の特急「つばめ」をお楽しみ下さい。
● 列車端の展望車マイテ39-1には、点灯する「つばめ」のテールマークを装備
● マイテ39の1等車クリーム帯やスロ60の2等車青帯、等級表記・号車サボ・「つばめ」愛称サボ、表記類、行先サボ(大阪行)をリアルに再現。
● 茶色時代のマイテ39-1を的確に表現するため、屋根上ベンチレーターの配置や内側よりのテールライトの位置を再現しています。
● スロ60の0番台と100番台の窓配置の違いを再現。
● 7両基本セット
・スハニ35-3(1号車)+スハ44-1(2号車)+スハ44-2(3号車)、マシ35-3(7号車)、スロ60-7(9号車)+スロ60-5(10号車)+マイテ39-1(11号車)
● 6両増結セット
・スハ44-3(4号車)+スハ44-12(増)+スハ44-14(増)、スロ60-1(5号車)+スロ60-10(6号車)、スロ60-113(8号車)
● テールライト/テールマーク 点灯(マイテ39)
● 全車両KATOカプラーN JPを採用(スハニ35の機関車側の連結部はアーノルドカプラー)
● 付属部品(基本セットのみ)
・KATOナックルカプラー
・テールマーク「つばめ」「はと」
・シール(「東京行」行先サボ、「はと」愛称サボ、扉上等級表示)

別売対応オプション

関連製品

  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP