N TGV Duplex (デュープレックス)新塗装更新日:2018/02/22

更新日:2018/02/22

画像をクリックすると拡大します。

フランス国鉄(SNCF)が誇るTGVのダブルデッカー車両TGV Duplex (デュープレックス)は、TGV南東線(パリ~リヨン間)の増加する乗客を、オールダブルデッカー客車で効率良く、しかも快適に運ぶために開発され、1995年に登場、1996年から運行を開始しました。
2000年のリヨン~マルセイユ間の地中海線開業によって、ビジネス・観光の両面においてフランスの大動脈となり、さらに乗客の増加した同線の主力車両として、最高時速300km/hの俊足で活躍しています。また現在は、地中海線・大西洋線・東ヨーロッパ線など広範囲で活躍しています。
KATOは、TGV Duplex(デュープレックス)の実車で行われた塗装変更に対応して “Carmillon” と呼ばれる新塗色を製品化いたします。従来塗装(銀+青)とは大きく異なる、白+黒+グレーに赤いアクセントラインを持つシックな塗装で要所に見られるグラデーションの入ったロゴや客扉、前頭部のストライプの特徴が魅力的です。

ASSY表(PDF)は、PCでのみ閲覧できます。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-1324TGV Duplex 新塗装 10両セット TGV Duplex 新塗装 10両セット ¥32,000+税

編成例

編成例

主な特長

● TGV Duplex(デュープレックス) 新塗装
・R1・R8客車の機関車連結部の独特な立体造形により、車体高さ・断面形状が互いに異なる車両どうしの一体感・編成美を実現。
・客車ボディ側面部のルーバーの、箇所ごとに異なる目の向きも的確に表現。客車ボディの滑らかな曲線と一体感のある窓ガラス表現。
・10両セット、動力付。
・206編成で主にフランス国内で運行される編成を忠実に再現。
・機関車先頭部の連結器カバーをはずし、付属ドローバーを使用して実車同様の20両編成が再現可能。
・実車の塗色変更の塗装、ロゴ、グラデーションなどを的確に再現。
・ヘッドライトは電球色のLEDを使用。
・フライホイール搭載動力によりスムーズな走行性能を発揮。
・DCC対応:6ピンソケット付のものがM1・M2に適応。

● TGV Duplex(デュープレックス) (ラウンドハウス製品)
・R1・R8客車の機関車連結部の独特な立体造形により、車体高さ・断面形状が互いに異なる車両どうしの一体感・編成美を実現。
・客車ボディ側面部のルーバーの、箇所ごとに異なる目の向きも的確に表現。客車ボディの滑らかな曲線と一体感のある窓ガラス表現。
・10両セット、動力付。
・ヘッドライトは白色LEDを使用。テールライト点灯。
・フライホイール搭載動力によりスムーズな走行性能を発揮。
・室内灯対応構造。
・ディスプレイ用ユニトラック線路付き。(直線線路248mm×6、車止め線路C×1)

別売対応オプション

  • ●LED室内灯クリア 品番:11-211 ¥720
  • ●LED室内灯クリア(6両分入) 品番:11-212 ¥3,600

関連製品

  • ※ Licensed by SNCF
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP