N トラ90000更新日:2017/12/07

更新日:2017/12/07

画像をクリックすると拡大します。

トラ23000形、トラ35000形の改造により、紙の原料となるチップ(原木を粉砕した木片)輸送用の貨車で昭和39年(1964)から2436両が製造され、小さなチップを効率よく積載するため、木製のあおり戸上部に金網の柵(黄緑6号)を継ぎ足した構造で積載可能容積が大きいのが特徴です。また、降雨時にはチップが濡れると水分を吸って重くなり、また飛散を防ぐために雨除けシートを被せた状態で運行もされました。

好評発売中のトラ90000を、空荷状態の姿が再現できるオプションパーツを発売いたします。
KATOの最新のプラスチック成形技術による精密な金網の網目を表現し、向こう側を見通せる空荷の姿を再現しました。既存のトラ90000と合わせることで、実車のチップ積載済/空荷のどちらも表現が可能です。

2両入単品のトラ90000に対応したお求めやすい2個セットと、お買い得な10個入のセットを用意いたします。
短編成から他貨車との混成編成、実車に合わせた長編成までお好みに合わせて活用いただけます。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-1377 トラ90000 8両セット トラ90000 8両セット ¥9,000+税
8062 トラ90000(2両入) トラ90000(2両入) ¥2,300+税
11-561 トラ90000 空荷用金網パーツセット(2両入) トラ90000 空荷用金網パーツセット(2両入) ¥1,100+税
11-562 トラ90000 空荷用金網パーツセット(10両入) トラ90000 空荷用金網パーツセット(10両入) ¥4,500+税

編成例

編成例

主な特長

● トラ90000
・もっともポピュラーなトラ35000改造の4段カゴ仕様の、北海道を除く全国(晩年には北海道にも転属)で活躍したタイプを製品化。
・チップ積載+雨除けカバーを掛けた状態を再現。
・2両セット管理局名「新」、常備駅「直江津」「来迎寺」、8両セット管理局名「盛」、常備駅「盛岡(タ)」、車番等を美しく再現。
※他の貨車との混結から長編成の専用列車まで楽しみ方の幅広い車両です。

● トラ90000 空荷用金網パーツセット
・金網のプロトタイプは、既存製品と同じく4段カゴの形態の金網で、色は黄緑色の姿で製品化。
・既存製品のトラ90000に取付可能。
・金網の内側に丸めた状態の雨よけカバーを灰色の別部品で再現。抜けた金網表現と共に、空荷での返却運用をリアルに再現。
・2両入単品のトラ90000に対応した2個セットと、お買い得な10個入のセットを用意。

別売対応オプション

関連製品

PAGE TOP