N 209系500番台武蔵野線更新日:2017/06/08

更新日:2017/06/08

武蔵野線で活躍を続けている209系500番台を、現行の姿にリニューアルいたします。
この209系は元々京浜東北線で活躍していた車両で、E233系1000番台と入れ替わる形で京葉線へと転属し、その後現在の武蔵野線へと移りました。
209系標準の車体幅2800mmから2950mmへと拡幅された、500番台特有の存在感のあるワイドボディーに多くの人を乗せ、今日も首都圏の旅客輸送を担っています。
新たに登場した22-202-9 サウンドカード<209系>と合わせて、よりリアリティを追求した鉄道模型の世界をお楽しみいただけます。

ASSY表(PDF)は、PCでのみ閲覧できます。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-1417209系500番台武蔵野線8両セット 209系500番台武蔵野線8両セット ¥18,000+税

編成例

編成例

主な特長

● 車体に貼られたベビーカーマークのほか、行先表示・優先席表示(付属シール)など、現行の外観で製品化。
● 先頭車の前面下部に設置されたホーム検知器を再現。
● 縦桟が追加された先頭車の側面窓を再現。
● 中間車連結部にはKATOカプラー密連形(ボディマウント)を採用。
● PS33Bシングルアームパンタグラフをリアルに再現。
● フライホイール搭載動力ユニットで、安定した走行が可能。
● 京葉車両センター所属のM71編成をプロトタイプに製品化。(従来の製品とは異なる車番)
● 付属シール
・前面の編成番号札、優先席表示を収録。
・前面表示、側面表示:「武蔵野線」「東京」「南船橋」「府中本町」「むさしの号 八王子」「しもうさ号 大宮」「しもうさ号 海浜幕張」。

別売対応オプション

  • ●LED室内灯クリア 品番:11-211 ¥720
  • ●LED室内灯クリア(6両分入) 品番:11-212 ¥3,600

関連製品

  • ※ JR東日本商品化許諾済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP