N EF13更新日:2016/03/03

更新日:2016/03/03

EF13は、第二次大戦の戦時下で、開発された貨物用電気機関車です。戦時中のため使用鋼材を極力省略し、車体前後にボンネット状の機器室、車体中央に短い車体と「凸型」でのスタイリングとなりました。その後昭和28年(1953)~32年(1957)にかけて、EF58形が流線型への車体変更で余剰となった旧EF58の車体を譲り受け、国鉄標準形に生まれ変わり、昭和54年(1979)まで首都圏近辺の山手貨物や中央線、武蔵野線、南武線、品鶴線等の貨物輸送の主役として活躍しました。

品番 品名 ASSY表 本体価格
3072 EF13 EF13 ¥7,500+税

編成例

編成例

主な特長

● EF13の主台枠形状やプレート先輪、ナンバープレート表記など特有のディテールを再現。
● 昭和40年代半ば以降の、前面窓Hゴム化、前照灯LP403の姿を製品化。
● 無数のバリエーションの中から、車高が低くヨロイ戸が小形の形態をプロトタイプに選定。
● 実車同様に6軸駆動のパワフルな牽引力を発揮。フライホイール搭載動力ユニットで安定走行を実現。
● 選択式ナンバープレート(4・12・13・28号機)
● 電球色LEDヘッドライト標準装備。
● アーノルドカプラー標準装備。交換用ナックルカプラー付属。
● クリアケース入り。

別売対応オプション

関連製品

  • サムネイル
    N

    レ12000 冷蔵車

  • サムネイル
    N

    スハ32

  • サムネイル
    N

    オハ35系

  • サムネイル
    N

    トキ15000・トキ25000(積荷付)...

  • サムネイル
    N

    ワラ1

  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP