N EF58 35 長岡運転所更新日:2018/11/08

更新日:2018/11/08

EF58 35号機は昭和27年(1952)3月東芝で製造され、EF58としては最初に流線形車体で登場した機関車です。旧車体に流線形の運転台を追加して製造されたため、側面窓が小さな7つ窓であることや、屋根上の大きなベンチレーター台座や小さなモニターなど、他のEF58とは一味違う変形機として昭和56年の廃車時まで注目された車両です。
KATOは、35号機が牽引した幾多の名列車の中から、上越線経由で運行された10系寝台急行「能登」を選び、牽引当時の姿をプロトタイプに製品化いたします。

品番 品名 ASSY表 本体価格
3056 EF58 35 長岡運転所 EF58 35 長岡運転所 ¥6,500+税

編成例

編成例

主な特長

● 長岡運転所所属の昭和53年(1978)頃をプロトタイプに再現
● 35号機ならではの形態を専用車体により的確に再現
・側面7つ窓を再現。左右両端の各2枚の窓には窓サッシを表現
・取り付け角度が左右に開いた前面ツララ切りを再現
・ナンバープレート、メーカーズプレートは車体一体表現
・東芝製EF58の特徴である緩やかな前面屋根Rを再現
・エッジの利いた前面中央の鼻筋を再現
・白い誘導員手スリを再現
・乗務員扉の手スリ/カバン掛けや短い昇降手すり、天地の短い乗務員窓を表現
・屋根上の大きなベンチレーター台座と小さなモニターを再現
・パイプ状のパンタシューをもつPS14パンタグラフを再現
● 運転台を表現(操作盤・イス・室内シースルー化)
● 車体表記をリアルに再現
● フライホイール搭載動力ユニット採用
● ヘッドライト 点灯
● アーノルドカプラー標準装備(KATOナックルカプラー付属)
● 単品

別売対応オプション

関連製品

  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP