N キハ110系100番台更新日:2015/03/09

更新日:2015/03/09

キハ110系は、JR東日本で平成3年(1991)に登場した気動車で、それまでの気動車とは大いに違う軽快なスタイルやカラーリングが特徴で、新しい大出力エンジンや動力機構の採用でスピードアップに貢献しました。使用線区にあわせた仕様が登場し、各番号区分で分けられています。
その中でも100番台は、プラグ式客扉を備え、1人+2人掛けの3列のセミクロスシートで通路幅を広く取り、ワンマン運転に対応した車両です。
その配置は、盛岡(花輪線、山田線など)、小牛田(石巻線、気仙沼線など)、郡山(磐越東線)、新津(磐越西線、羽越線、米坂線など)、中込(小海線)と幅広く活躍しています。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-1165 キハ111 100+キハ112 100 2両基本セット キハ111 100+キハ112 100 2両基本セット ¥6,800+税
10-1166 キハ111 100+キハ112 100 2両増結セット キハ111 100+キハ112 100 2両増結セット ¥4,400+税
6043-1 キハ110 100番台(M) キハ110 100番台(M) ¥4,800+税
6044-1 キハ110 100番台 キハ110 100番台 ¥2,600+税

編成例

編成例

主な特長

● 再生産ながら、車体番号を盛岡車両センター所属車から新規に設定。
● 付属シールは現在の所属区、運用に合わせたものを新規に設定しました。
● ライトユニットのヘッドライトLEDを電球色化。より実感的な走行がお楽しみいただけます。
● ボディーマウント式のKATOカプラー伸縮密着形を標準装備。運転台側にはカプラーと連動した消灯スイッチ付。
● 再生産につき、動力ユニット等の変更はございません。(フライホイールは搭載しておりません。)
● キハ111+112 2両セットは、発泡中敷、紙箱入。単品キハ110 100番台はクリアケース入。

別売対応オプション

関連製品

  • ※ JR東日本商品化許諾済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP