N 丸ノ内線の赤い電車 営団地下鉄500形更新日:2014/05/10

更新日:2014/05/10

画像をクリックすると拡大します。

現在の東京地下鉄株式会社(通称:東京メトロ)は、平成16年(2004)に帝都高速度交通営団(通称:営団地下鉄)から民営化されて発足しました。
その営団地下鉄が、昭和29年(1954)に戦後最初の地下鉄路線として開業させたのが丸ノ内線でした。そして世間をあっといわせた斬新な装いで登場したのが300形です。真っ赤な車体に白帯、ステンレスのサインカーブ(銀の波形装飾)という外装だけではなく、様々な新しい技術を採用した高性能な車両は、その後の400形、500形へと発展してゆき、営団地下鉄の顔として活躍しました。晩年は300形と500形は混用されて編成を組み、平成8年(1996)に後進の02系に道を譲り姿を消しました。

ASSY表(PDF)は、PCでのみ閲覧できます。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-1134丸の内線の赤い電車 3両基本セット 丸の内線の赤い電車 3両基本セット ¥9,800+税
10-1135丸の内線の赤い電車 3両増結セット 丸の内線の赤い電車 3両増結セット ¥5,900+税

主な特長

● 営団地下鉄時代を代表する、全盛期の丸ノ内線500形をお求めやすく製品化。昭和60年代の姿を再現します。
● 一世を風靡した、赤い車体にコントラストの効いた白帯、サインカーブの飾り帯。懐かしいデザインを的確に再現。
● 手軽に楽しんでいただけるよう、3両基本セットと3両増結セットに分割。地下鉄の名車がお手元に蘇ります。
● 3両のコンパクトな編成は、走行に、展示に、どちらにもピッタリ。合わせて実物どおりの6両編成にも。
● 基本セットの先頭車はヘッド/テールライトと前面行先表示「池袋」が点灯。行先表示交換用に「荻窪」が付属。
● 増結セットの車両も全て先頭車のため、コレクションや展示用としても最適です。(ヘッド/テールライト非点灯、モーター車は含まれません)。
● 定評あるフライホイール搭載動力ユニットを採用。安定した軽快な走行が楽しめます。
● 中間連結部には、ボディマウント式KATOカプラー密連形を標準装備。実感的な連結面とスムーズな走行を実現。
● 別売のグレードアップシールで、様々な行先が再現できます。(この商品はホビーセンターカトー取扱商品です。)
● パッケージは、基本・増結セットとも4両タイプの紙箱入。
● 地下トンネルと特徴的な赤い車体をデザインした特別装丁の専用パッケージ。

別売対応オプション

  • ●LED室内灯クリア 品番:11-211 ¥720
  • ●LED室内灯クリア(6両分入) 品番:11-212 ¥3,600
  • ●グレードアップシール 28-173 丸ノ内線グレードアップシール ※ホビーセンターカトーの取扱商品

関連製品

  • ※ 東京地下鉄株式会社商品化許諾済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP