N 24系25形 寝台特急「富士」更新日:2011/05/31

更新日:2011/05/31

画像をクリックすると拡大します。

元祖「ブルートレイン」20系を引き継いで、昭和50年代、空前の「ブルトレブーム」を巻き起こした、主役の列車たち「ニューブルートレイン」が帰ってきます。2段寝台車の24系25形客車に、新たに個室のA寝台車オロネ25を加えて、東海道本線の寝台特急群に投入され、当時日本最長の走行距離(東京-西鹿児島間1574,2Km)を24時間余りをかけて結んだ寝台特急「富士」は、当時の少年たちの憧れの的でした。
KATOは、首都圏から東海道・山陽本線を走破し、九州各地の都市とを結んだ24系25形特急寝台客車を当時の銀帯仕様にて完全フルリニューアルでお届けいたします。ご期待ください。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-855 24系25形寝台特急「富士」 7両基本セット 24系25形寝台特急「富士」 7両基本セット ¥13,800+税
10-856 24系25形寝台特急「富士」 7両増結セット 24系25形寝台特急「富士」 7両増結セット ¥13,500+税

編成例

編成例

主な特長

● 車体側面に輝く鮮やかな2本の銀帯(オシ24は白帯)で、国鉄全盛期の「ニューブルートレイン」を再現
● 最新の「北斗星」デラックス編成同様の、KATOブルートレイン群のハイレベルな仕様で製品化
● 基本セットの電源車と、増結セットの13号車には点灯式テールライト装備
● 分割編成に対応して基本セットの6号車には点灯式テールライト(消灯スイッチ付)を装備。*7・11号車はテールライト非対応。
● 変換マークは、カニ24とオハネフ25(6・7・13号車)に装備。「富士(文字)」「富士(絵)」「はやぶさ(文字)」「はやぶさ(絵)」
● 側面の行先表示は印刷済。(基本セット:「富士 西鹿児島」 増結セット:「富士 大分」)
● 機関車用ヘッドマークが基本セットに付属(EF65 1000用)「富士」「はやぶさ」
● 奥まった客室扉や屋根上のクーラーなどディテールを細密に再現
● 屋根板の状態をリアルに再現
● クーラーや水タンク、エアタンク、配管類などの床下機器を細密に再現
● カニ24、オハネフ25の機関車側はアーノルドカプラー標準装備(交換用ナックルカプラー付属)
● 中間連結部には、ボディマウント式密自連カプラー装着。実感的な車体間隔を再現

別売対応オプション

関連製品

  • ● 品番11-322トレインマーク変換装置24系用は、使用できませんのでご注意ください。
  • ※ JR西日本商品化許諾済、JR九州承認済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP