N 18Dコンテナ更新日:2019/06/07

更新日:2019/06/07

18DコンテナはJR貨物が国鉄形コンテナ置き換え用として、昭和63年(1988)から平成3年(1991)までに23,600個を製造。外観はコンテナブルーをベースにクリームの塗り分けとなっています。その製造数から一気に一大勢力のコンテナとなり、平成初期に一時代を築きましたが、経年による老朽化により19Dや20Dコンテナなどへ置き替えられ、平成25年(2013)1月に全廃されました。

品番 品名 ASSY表 本体価格
23-576 18Dコンテナ 5個入り 18Dコンテナ 5個入り ¥1,000+税

編成例

編成例

主な特長

・〈10-317 コキ104 2両セット〉に搭載していた18Dコンテナを単品で製品化
・コキ104などのコンテナ貨車1両分となる5個入で設定
・番号は新たに「4097」「7801」「10706」「13679」「18081」を選定
・黄色いハンドルやフォーク差込位置表記の印刷も追加。よりリアルな外観に

別売対応オプション

関連製品

  • サムネイル
    N

    コキ104 コンテナ無積載

  • サムネイル
    N

    コキ50000 / コキフ50000

  • サムネイル
    N

    EF200(登場時塗装)

  • ※ JR貨物承認済
PAGE TOP