N コキ50000 / コキフ50000更新日:2018/12/06

更新日:2018/12/06

画像をクリックすると拡大します。

JR貨物のコンテナ輸送を担っているコキ50000の中で、JR貨物所有車に見られる台車枠をグレーに塗装した現行の姿を再現いたします。
実車は昭和46年(1971)から51年(1976)にかけて製造された国鉄形コンテナ貨車で、改良を加えながら現在でもJR形のコキ100系とともに活躍を続けています。外観の大きな特徴として、JR化後に換装されたグレー塗装の改良形の台車を装着しています。
以前からご要望の多かった、コンテナ無積載の空車状態での2両セットになります。この製品にはコンテナは付属しておりません。

ASSY表(PDF)は、PCでのみ閲覧できます。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-1393コキ50000(グレー台車)コンテナ無積載 2両セット コキ50000(グレー台車)コンテナ無積載 2両セット ¥1,800+税
10-815コキ50000 C20・C21形コンテナ積載 2両セット コキ50000 C20・C21形コンテナ積載 2両セット 生産予定表 ¥3,300+税
8054コキフ50000 C20形コンテナ積載 コキフ50000 C20形コンテナ積載 生産予定表 ¥2,800+税

編成例

編成例

主な特長

● コキ50000 C20形・C21形コンテナ積載 2両セット/コキフ50000 C20形コンテナ積載
・昭和50年前後のコキ50275~コキ50991、コキフ50273をプロトタイプに製品化。車体番号は、コキ50352、コキ50833、コキフ50273を設定。
・コキ50000には、2両セットのうち一両ずつに新規作成のC20(白帯)とC21(青帯)のコンテナを各5個積載。
・コキフ50000は車掌室側のテールライト点灯(車掌室反対側のテールライトはディテール表現の非点灯)
・台車は国鉄時代の黒色台車、TR223を装備。
・台枠が抜け、複雑なパイピングの見える、フレーム形状を忠実に再現。コンテナを積載していない空荷の状態でも、実車に迫る細密なディテールを鑑賞することが可能。
・コキ100系と連結した場合の床面高の違いをリアルに再現
・車体表記をリアルに再現。
・積載コンテナのディテールと表記を美しくリアルに表現。コンテナはそれぞれ異なった番号を表記。
・コンテナの積み替えが簡単にできます。

● コキ50000 (グレー台車) コンテナ無積載 2両セット
・従来製品と同様に、抜けた車体台枠に配管等が見えるフレーム形状を的確に再現。空車状態でも精密な外観を楽しめると共に、安定した走行性能を確保。
・JR化後に換装された明灰色のTR223G形台車を再現。オリジナルのTR223形とは異なる台枠のディティールをリアルに製品化。
・既製品とは異なる車番(コキ50721とコキ50466)を設定。

別売対応オプション

関連製品

  • ※ JR貨物承認済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP