N E4系新幹線「Maxとき」更新日:2019/11/07

更新日:2019/11/07

画像をクリックすると拡大します。

1994年にオール2階建て車両として開発されたE4系新幹線“Maxは、先頭部分を突き出したロングノーズ・デザイン。また、運転室は航空機のようなキャノピー形で空力特性を追求しています。
E4系は8両編成が基本で、これを2本連結した16両編成での運転も行われています。ちなみに16両編成時の定員は1634人。高速車両としては世界最大の定員数を誇っています。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-1427 E4系新幹線「Maxとき」 8両セット E4系新幹線「Maxとき」 8両セット ¥21,000+税
10-292 E4系新幹線「Max」 4両基本セット E4系新幹線「Max」 4両基本セット ¥12,500+税
10-293 E4系新幹線「Max」 4両増結セット E4系新幹線「Max」 4両増結セット ¥8,500+税

編成例

編成例

主な特長

● 実車の持つスピード感あふれる流線形の車体形状と美しいカラーリングを、余すことなく再現
● 別売の室内灯を組み込んだ場合、グリーン室と普通室の照明色の違いを再現可能
● 中間動力車1階部分のシースルー化を実現
● PS201形パンタグラフや避雷器、アンテナ類等の屋根上機器を的確に再現。
● 車体ナンバー、車体表記を美しく表現。
● フライホイール搭載動力ユニットを採用。スムーズかつパワフルな走行性能を発揮。またサスペンション機構搭載。
● ヘッド/テールライト点灯。
● 実車に迫るリアルな動作で他形式とも連結可能な先頭部連結機構を搭載。
● 中間車連結部はKATOダイヤフラムカプラーPAT.標準装備。
● DCCフレンドリー。
● 付属部品・行先表示シール・屋根上機器(ユーザー付部品)

● E4系新幹線「Max」
・新幹線総合車両センター(仙台)に所属するE4系P21編成の仕様をプロトタイプに模型化。
・車体側面に表記されたエンブレムを、美しく表現
・室内灯照明板組込済み

● E4系新幹線「Maxとき」
・ピンク色に変更された帯はもちろん、3羽の朱鷺が描かれた側面のロゴマークを的確に再現。
・PS201形パンタグラフや避雷器、アンテナ類等の屋根上機器を的確に再現。
・車体ナンバー、車体表記を美しく表現。また7号車・8号車の客扉横の案内ステッカーを印刷で表現。
・中間動力車1階部分のシースルー化を実現。
・7号車・8号車は室内灯照明板組込済。別売の室内灯と合わせて、グリーン席と普通席の照明色の違いを再現可能。

別売対応オプション

  • ●LED室内灯クリア 品番:11-211 ¥720
  • ●LED室内灯クリア(6両分入) 品番:11-212 ¥3,600
  • ●LED室内灯クリア(電球色) 品番:11-213 ¥720

関連製品

  • サムネイル
    N

    E5系「はやぶさ」 スターターセット E...

  • サムネイル
    N

    E7系北陸新幹線「かがやき」 / W7系...

  • サムネイル
    N

    E5系新幹線「はやぶさ」・E6系新幹線「...

  • サムネイル
    N

    E6系新幹線「こまち」

  • ※ JR東日本商品化許諾済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP