N キハ181系「はまかぜ」更新日:2011/05/31

更新日:2011/05/31

画像をクリックすると拡大します。

キハ82系の後を引き継ぎ、国鉄時代の昭和57年(1982)から長年頑張ってきたキハ181系ですが、老朽化には勝てず、JR西日本のキハ181系「はまかぜ」は、平成22年(2010)11月の営業運転を最後に定期運用から外れました。晩年には臨時列車や団体列車として使用される機会も多く、「かにカニエクスプレス」や夏の臨時特急「おわら」(大阪-富山・越中八尾)、修学旅行列車での活躍が偲ばれます。
KATOは、キハ181系最後の活躍を見せた「はまかぜ」を単なる色替えではなく、晩年の姿を再現して製品化いたします。
なお、バリエーションとして、平成23年(2011)2月26日の“さようならイベント”に使用されたヘッドマークや側面表示(シール対応)も付属し、晩年期のキハ181系「はまかぜ」を一層リアルに再現します。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-875 キハ181系「はまかぜ」6両セット キハ181系「はまかぜ」6両セット ¥16,200+税

主な特長

● JR西日本更新色に塗り替えられ、最後まで活躍したキハ181系の勇姿を製品化。
● 先頭車のキハ181は、屋根上のATS-P配管、列車無線アンテナを再現し、タブレットキャッチャとタブレット保護板のない車体を新規製作。
● 中間車のキロ180・キハ180は貫通扉大形窓、側面非常口が閉塞された車体を新規製作。
● はめ替え可能な点灯式トレインマークを採用「かにカニエクスプレス」「おわら」「無地」「ありがとうキハ181(あさしおタイプ)」を設定。*出荷時には「はまかぜ」のヘッドマークを装着済
● 「はまかぜ」「かにカニエクスプレス」などはもちろん“さようならイベント”運転時のヘッドマーク(はまかぜタイプ)側面表示も含んだ専用行先表示シール付属
● 6両セット
キハ181-22+キロ180-12+キハ180-22(M)+キハ180-49+キハ180-36+キハ181-47
● ヘッド/テールライト点灯(消灯スイッチ付:キハ181のみ)
● キハ181系の前面形状をはじめとする美しいプロポーションを忠実に再現
● 動力車(キハ180-M-)に、フライホイール搭載動力ユニットを採用
● JR西日本更新色の塗色を美しく再現
● 先頭部・中間部共に(N)KATOカプラー伸縮密着自連形(ボディマウント)を標準装備。先頭車が中間に入る編成も可能。
● 付属品
・先頭部電気連結器
・交換用前面ホロ

別売対応オプション

関連製品

  • ※ JR西日本商品化許諾済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP