N キハ58系更新日:2018/09/26

更新日:2018/09/26

画像をクリックすると拡大します。

国鉄形気動車を語る上で欠かせない、キハ58系をフルリニューアルで製品化。
昭和36年(1961)の登場以来全国で幅広い活躍を見せた急行形気動車キハ58系は、高度成長期の日本の鉄道輸送を支えました。
電化が進んでいくと、地方の非電化区間などで旅客を運ぶようになり、長くに渡って非電化路線で活躍しました。
キハ58系で基本となるキハ58、キハ28、キロ28、キハ65を単品と4両セットでご用意いたしました。各地で見られた多種多様な編成をお楽しみいただけます。
写真や動画、書籍などの資料をもとに、かつて活躍した編成を再現してみましょう。

品番 品名 ASSY表 本体価格
6117 キハ65 キハ65 生産予定表 ASSY表 ¥3,100+税
6116 キロ28 キロ28 生産予定表 ASSY表 ¥2,100+税
6115 キハ28 キハ28 生産予定表 ASSY表 ¥3,100+税
6114 キハ58 キハ58 生産予定表 ASSY表 ¥3,100+税
6113 キハ58(M) キハ58(M) 生産予定表 ASSY表 ¥5,600+税
10-1464 キハ58系 4両セット キハ58系 4両セット 生産予定表 ASSY表 ¥15,500+税

編成例

編成例

主な特長

● キハ58・28は平窓・スノープロウ非装備・シャッター付タイフォンの冷房改造車、キロ28は張り上げ屋根タイプの昭和39~40年落成車を製品化。
● キハ65の車輪にはディスクブレーキを表現したパーツを取付。足元がよりリアルに。スリット式タイフォンの暖地向け0番台を製品化。
● 製品の設定時期は昭和50年半ば頃の国鉄時代。Hゴムグレーの姿を再現。
● 先頭車の前面貫通扉部は幌枠の姿で再現、お好みで貫通ホロを取付可能。
● キロ28を除く全車ヘッド/テールライト、前面表示幕点灯(消灯スイッチ付)。電球色LEDを採用。
● カプラーはボディマウント密自連。付属部品としてエアホースを再現した胴受も付属。
● クーラーは全車ともAU13E。
● 車内の椅子は普通車が濃青、キロ28はえんじ色で普通車とグリーン車の違いを再現。
● 前面表示は「急行」が印刷済。交換用の無地の前面表示が付属。
● サボ類、行先表示などを収録したシールが付属。
● ホビーセンターカトーから、キハ58に取付可能なアーノルドカプラー・ナックルカプラーのセットを発売予定。

別売対応オプション

  • ●LED室内灯クリア 品番:11-211 ¥720
  • ●LED室内灯クリア(6両分入) 品番:11-212 ¥3,600

関連製品

  • ※ JR西日本商品化許諾済 JR四国承認済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP