N 東急電鉄5050系4000番台<Shibuya Hikarie号>更新日:2016/12/05

更新日:2016/12/05

画像をクリックすると拡大します。

東京急行電鉄(通称:東急)は、首都圏の南西部に路線網を有する鉄道会社です。その主な路線で現在活躍をしているのが5000系と呼ばれるグループです。現在メインとなる渋谷と横浜を結ぶ東横線には、平成23年(2011)から始まった東京メトロ副都心線への直通運転に合わせて5050系4000番台と呼ばれる10両編成が投入され、渋谷から先、東京メトロの副都心線を通じて西武池袋線・東武東上線への直通運転を行っています。また横浜から先、みなとみらい線で元町・中華街とその足を伸ばして活躍しています。
KATOは、平成24年(2012)に開業した「渋谷ヒカリエ」の1周年記念プロモーションとして登場した特別仕様車を、ヘッドマークを取り付けて運行していた、本年2月以前の姿をプロトタイプに製品化いたします。実車は平成25年(2013)より運行を開始。「渋谷ヒカリエ」をイメージしたゴールドのメインカラーが最大の特徴で、室内も渋谷をテーマに様々なカラーを使用したデザインや形状の異なるシートなど特有の仕様を持ち、田園都市線・目黒線にも入線可能な規格を持つ特異な編成です。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-1294 東急電鉄5050系4000番台 Shibuya Hikarie号 東急電鉄5050系4000番台 Shibuya Hikarie号 ¥25,000+税

編成例

編成例

主な特長

● 東急電鉄5050系4000番台〈Shibuya Hikarie号〉【特別企画品】
・渋谷ビル群をデザインしたラッピングを始めゴールドの屋根上、側面窓に掲出された「TOKYU LINE」表記を的確に再現。
・4000番台のうち、当編成(第10編成)のみに搭載された日立製冷房装置(HRB504形クーラー)を新規製作。通常製品とは異なる特徴を余すことろなく製品化。
・特有のゴールドの車体ラッピングやロゴ類を的確に再現。
・ブラックアウトされた精悍な前面、台座と本体で色が異なるアンテナを表現。
・行先表示は印刷済。前面表示「52K 特急 川越市」側面表示「特急 川越市」。交換用付属部品「51K 各停 元町・中華街」を予定。
・Hikarieのヘッドマーク付。
・黄色の車番表記や号車番号、側面車番位置の違いも実車に忠実に再現。

別売対応オプション

  • ●LED室内灯クリア 品番:11-211 ¥720
  • ●LED室内灯クリア(6両分入) 品番:11-212 ¥3,600

関連製品

  • ※ 東京急行電鉄株式会社商品化許諾申請中
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP