サウンドカード<0系新幹線>更新日:2021/03/05

更新日:2021/03/05

時速210キロの超特急で世界を驚かせた、0系新幹線のサウンドカードが登場です。
0系新幹線は東海道新幹線が昭和39年(1964)に開業して以来、マイナーチェンジが図られ昭和61年(1986)まで増備が続けられました。昭和56年(1981)以降の新製車は最終バージョンとなる2000番台となり、計309両が製造されました。平成20年(2008)に最終編成が引退し、44年の長きにわたる活躍に幕を下ろしました。
・なつかしの車内メロディ/チャイムをはじめとした0系新幹線の特徴的なサウンドを収録し、リアルな乗車体験を演出いたします。
・本製品は「コントローラー優先モード」書き込みプログラムを搭載した「サウンド同調」タイプのサウンドカードです。
・車両走行を走行音に同調したリアルな加速・減速感で楽しめるほか、パワーパックの操作に同調した運転容易なサウンド走行も実現。
・これからサウンドボックスを用いた運転を始める方でも、お手軽にお楽しみいただけます。


banner

品番 品名 ASSY表 価格
22-242-2 サウンドカード<0系新幹線> サウンドカード<0系新幹線> 生産予定表 ¥3,432

編成例

編成例

主な特長

●本製品は「コントローラー優先モード」書き込み機能を搭載した「サウンド同調」タイプのサウンドカードです。
車両走行を走行音に同調したリアルな加速・減速感で楽しめるほか、パワーパックの操作に同調した運転容易なサウンド走行も実現。これからサウンドボックスを用いた運転を始める方でも、お手軽にお楽しみいただけます。

●歴史的な最初の新幹線として多くの人々に親しまれた、0系新幹線のサウンドカードが登場
・走行音や、空調、コンプレッサーの動作音、ブレーキスキールなどが状況により自動で再生されるほか、駅ホームの環境音もお楽しみいただけます
・車内のメロディ/チャイムは新幹線開業~東海道新幹線引退までの0系サウンドを再現
→車内メロディ:「鉄道唱歌」「0系新幹線車内メロディ」、車内チャイム:「始発・終着駅用“ひかりチャイム”」「途中駅用」を収録
・走行音は加速中に床下の主回路から発するノイズや車体きしみ音、高速走行時はかつてのウェルド(レール同士の溶接部分)通過音も再現
・駅発車ベルと合図ブザーの音や、分岐器通過時の音などで新幹線ならではのシーンを演出します
・サウンド同調タイプのカードは、走行音に追従した加速/減速で、実車を運転するような感覚で楽しめます
・コントローラー優先モードでは、コントローラー同調タイプのサウンドカード同様にパワーパックの操作に合わせて車両が走行します。これからサウンドカードをはじめる方にもお手軽にお楽しみいただけます
パッケージ内に、サウンドボックス対応の「ファンクションラベル」を同封

別売対応オプション

関連製品

  • サムネイル
    N

    アクセサリーケース(サウンドカード対応)

  • サムネイル

    サウンドカード (ページ2)

  • サムネイル

    サウンドカード (ページ1)

  • サムネイル

    スマートコントローラー(ACアダプター別...

  • サムネイル

    サウンドボックス (サウンドカード別売)

  • サムネイル
    N

    0系 2000番台 新幹線「ひかり・こだ...

  • 日本国内販売専用製品
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格に消費税を加えた総額表示です。
  • ※ 企画協力:ジェイアール東海エージェンシー
  • ※ JR東海承認申請中
  • ※ JASRAC T-2120068
PAGE TOP