KATO PRECISION RAILROAD MODELS
鉄道模型KATOホームページ
サイト全文検索
発売予定品ポスター
生産予定表(カトー製品)
生産予定表(ホビーセンターカトー製品)
在庫検索
製品情報トップ
製品情報検索
ベストセレクション
ユニトラム
ユニトラック レイアウトプラン特集
Facebook
Twitter
イベント情報
ご意見窓口
故障修理のご依頼方法
会社概要 ・採用情報

販売店検索
海外販売網

YouTube KATO鉄道模型チャンネル
KATO Nゲージ鉄道模型入門
ホビーセンターカトー
カスタムショップ
鉄道模型オンラインショップ
KATO京都駅店
KATO USA
鉄道模型コンテスト

 ホーム >> 製品情報 >> 50系 / 50系 51形客車

50系 / 50系 51形客車 更新日: 2016/03/03
tweet on twitter

50系 51形客車   拡大画像

50系客車 グレードアップパーツ : 交換後

50系客車 5両基本セット   拡大画像

オハ50   拡大画像

オハフ50   拡大画像



  拡大画像


  拡大画像

    
昭和50年代、各地では機関車牽引の客車列車が姿を減らしていましたが、地方都市圏では朝夕の通勤通学用に輸送力の発揮できる客車列車は重宝されて残っていました。しかしその使用される車両は、旧形客車と呼ばれる経年30年以上の車両が主で、輸送改善や安全性向上のために、新たに普通列車用としての新形客車が18年ぶりに新製されることとなり、昭和52年(1977)に誕生したのが50系一般形客車です。昭和54年(1979)度の、鉄道友の会・ローレル賞を受賞しました。
従来の狭い手動客扉は幅広の自動扉となり、出入口周辺もロングシートとなって、乗降の便と安全性が大きく向上しました。 赤2号に塗られた車体から「レッドトレイン」の愛称で親しまれ、地方都市近郊の通勤通学輸送に重用されましたが、電化や気動車化の波にのまれ製造開始後10年ほどで廃車が始まり、急速に姿を消しました。
50系 51形客車は、昭和54年(1979)に北海道向けとして登場、総数130両が製造され北海道の主要幹線の運用に就き、函館から北は稚内、東は網走までの広範囲で活躍を続けましたが、平成6年(1994)に暖地向けの50系より先に引退いたしました。国鉄時代の北海道を語る上では欠かせない車両です。
KATOは、前回品の50系と同様に国鉄時代のオリジナル形態で製品化いたします。
また今回、50系客車グレードアップパーツをリリース。
上から見る機会の多い車両の屋根を、屋根板とベンチレーターの別部品に分けて構成。製品の屋根板(ベンチレーター一体)と交換していただくことにより、より一層の精密化を図ることができます。併せてお楽しみください。
品番 品名 本体価格
10-1276 50系客車 5両基本セット ¥ 11,400+税
5142 オハ50 ¥ 1,600+税
5143 オハフ50 ¥ 2,400+税
10-1306 50系 51形客車 5両基本セット〈特別企画品〉 ¥ 11,400+税
5245 オハ51 ¥ 1,600+税
5246 オハフ51 ¥ 2,400+税
11-551 50系客車 グレードアップパーツ ¥ 1,600+税
関連製品

EF71 1次形

ED78 1次形

ED76 500

ED75 1000番台 前期形
●  50系 51形客車
 ・国鉄最後の一般形客車オハ50系51形(愛称レッドトレイン)を、国鉄時代をプロトタイプに製品化。
 ・寒冷地対応の51形の最大の特徴である、隙間風対策の小形2重窓をはじめ、TR230A台車も新規設定。枕バネをゴム被膜としたエリゴバネ、片押式ブレーキ、歯車式車軸発電機など、50系との違いを余すことなく再現。その他にも、凍結防止のため鋼板製のカバーで覆われたオハフの水タンクや、妻面の表情の違いなども51形の特徴として再現。
 ・手頃な長さの5両編成と単品製品で構成。単品で揃える短編成からセット+単品の長編成まで様々な運用の再現が可能。
 ・オハフ51は両エンドともテールライト点灯式(消灯スイツチ付)。また、編成端で目立つ検査表記も両エンドに印刷済。(但し、5両セットの中間に入るオハフは省略)
 ・赤一色の車体のアクセントとなる、Hゴムのグレーのほか、銀色のドアレールや靴ズリも印刷で表現。
 
●  50系
 ・「レッドトレイン」の愛称で呼ばれる国鉄最後の一般形客車オハ50系を、国鉄時代のオリジナルの姿で、福島客貨車区所属の2000番台の電気暖房装備車をプロトタイプに再現。
 ・奥羽本線、板谷峠でのED78・EF71との組合せての活躍のほか、全国で様々な機関車と共に活躍した姿が再現可能。
 ・シンプルな外観ながら、従来の客車とは一線を画す鮮やかな「赤2号」の塗装を「レッドトレイン」の名にふさわしく再現。
 ・オハ50・オハフ50共に、靴ズリ、ドアレールの銀や、方向幕準備部やトイレ臭気抜き窓のHゴムを印刷にて表現。
 ・乗務員室を装備したオハフ50にはテールライト標準装備(両側)/消灯スイッチ装備。点灯する側を選択可能。
 ・オハフ50の妻面には検査表記を印刷済。基本セットの中間車となるオハフ50はテールライト非装備。
 ・カプラーは、台車マウントのアーノルドカプラー標準装備。 床板にはボディマウントカプラー取付対応の穴を設定。
 ・パッケージは、基本5両セットが、7両ブックケースタイプ(機関車と増結客車1両収納可能)。 単品は標準のクリアケース入。
 
●  50系客車 グレードアップパーツ
 ・屋根板(ベンチレーター一体)と交換していただくことにより、より一層の精密化を図ることができます。
 ・オハ用屋根(ベンチレーター10個)・オハフ用屋根(同9個)×各2両分入り
 ・50系、50系51形両方に使用できます。
●  KATOカプラーN(PAT.) 品番:11-702 ¥400
●  マグネマティックカプラー MT-10 品番:11-711 ¥400
●  LED室内灯 クリア 品番:11-211 ¥720
●  LED室内灯 クリア(6両分入) 品番:11-212 ¥3,600
●  LED室内灯 クリア(電球色) 品番:11-213 ¥720
●  LED室内灯 クリア(電球色)(6両分入) 品番:11-214 ¥3,600
●  【説明書の捕捉とお詫び】50系客車「オハフ50」の室内灯取付方法について説明書の記載に不足がございました。お客様には大変ご迷惑をおかけしましたことお詫び申し上げます。

※ JR東日本商品化許諾済
※ JR北海道商品化許諾済
※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。