N ED19 タキ10600 セメント輸送列車 明星セメント更新日:2015/03/03

更新日:2015/03/03

画像をクリックすると拡大します。

ED19は、大正15年(1926)にアメリカから輸入され、東海道本線の電化初期に活躍した6010形が、ED53と形式改称、さらに貨物用となって誕生した機関車です。1軸先輪にデッキを備え、短いながらも端正なスタイルで、昭和30年代前半には6両全機が飯田線に集結し、旧形国電と並んで活躍、昭和51年(1976)までに全機廃車となりました。
そのED19に牽引され、国鉄時代の懐かしの飯田線貨物列車で記憶に残るのが、セメント輸送列車です。35t積みと飯田線の規格にあったやや小ぶりのタキ10600は、明星セメント所有の私有セメントタンク貨車で、タキ1900のタンク体を一回り小さくしたような外観が特徴です。タキ4両の短編成にワフ29500車掌車を連結したこじんまりとした編成でした。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-1184 ED19+タキ10600セメント輸送列車<明星セメント>6両セット ED19+タキ10600セメント輸送列車<明星セメント>6両セット ¥14,300+税
3078 ED19 ED19 ¥7,500+税

編成例

編成例

主な特長

● 輸入旅客用電気機関車ED53を、貨物用に改造したED19。そのコンパクトで愛らしい形態をそのままに模型化。
● D形ながら先輪とデッキを装備。コンパクトで格調あふれるアメリカンスタイルの輸入電機を再現。
● 単品のED19は、6号機をプロトタイプに、前面窓改装形(小窓:角丸)で、車体側面吸気口は原形。
● セットのED19は、2号機をプロトタイプに、前面窓原形(大窓:窓枠有)で、車体側面吸気口は改装横形。
● テールライトも2号機のガイコツ形と6号機のカンテラ形を作り分け。パンタグラフは2号機がPS14、6号機がPS15。
● 交換用ナンバープレートは、1、2、4、6号機の4種。 ※2号機、6号機とも特定機を模型化するものではありません。
● 動力は近年の旧形電機に準じた新規開発。小形電機ながら軽快な走りを実現。スポークの抜けた先輪採用。
● タキ10600は、異径胴のタンク体に渡り板のない小ぶりな車体で、明星セメント株式会社所属の私有貨車。
● 車番は、タキ10606、10613、10616、10620。車掌車はワフ29794。タキ10600のロゴマークと、各標記類は印刷済。

別売対応オプション

関連製品

PAGE TOP