HO (HO) EF510更新日:2022/11/04

更新日:2022/11/04

画像をクリックすると拡大します。

「毎日手軽に遊べるHO」をコンセプトに、Nゲージと同じ感覚でHOゲージを楽しんで頂けるモデルとして登場!

● HOゲージは高価で手が出ません。
・Nゲージまでとは言えませんが、価格を低く設定したベーシックモデルとして製品化しました。

● HOゲージは広い場所が必要で、家で遊べません。
・半径360mmの曲線を通過可能な性能のHOゲージを製品化しました。少し大きめのテーブルであれば十分楽しめます。

● HOゲージは上級者が楽しむ鉄道模型だと思う。
・KATOは、どなたにでも遊んで頂けるHOゲージを製品化しました。お子様が玩具を卒業したらHOゲージという選択肢を提供したい。何といってもHOゲージは大迫力ですから。

● HOゲージはパーツが多くて難しそう。工作技術が無いとできないと思う。
・KATOのHOゲージEF510にはワイパーやエアホースの表現が省略され、車体ナンバーは印刷済です。
パーツが無い「READY TO RUN」として買ってすぐに走らせることのできるHOゲージに仕上げました。

● 価格がやすくなるという事は、チープな出来の模型なんでしょ?
この価格で、テールライトが点灯します。モードは3つ「走行モード」「単機回送モード」「入換モード」から楽しめます。もちろんディテールに妥協は有りません、実車同様に車体側面のエアフィルターは透けて中が見えるようになっています。他にも様々な工夫がこの製品に織り込まれていますので、きっとHOゲージのイメージが変わって頂けることと思います。
後はお近くの模型屋さんで手に取ってご覧ください。

● 簡単に遊べそうですが、付けたいパーツもあるのですが・・・
模型屋さんには、様々なパーツが用意されます。お好みのパーツを付けて自分だけのモデルにすることができるようにするためです。様々なオプションが発売。

「手軽に遊べるHOゲージ」をコンセプトにした製品で、単機での最小通過半径は360mm、安価でお楽しみいただける製品です。ヘッドライトが前進時に点灯するのはもちろん、テールライトは車両牽引時の非点灯モード、単機回送時の左右点灯モード、入換走行時の両端片側点灯モードが選択可能で、入換え運転などを再現できます。

貨物列車の牽引に活躍!EF510

EF510は、平成14年(2002)に登場した日本海縦貫線用の交直流電気機関車です。愛称は「RED THUNDER」と名付けられ、同区間で使用していたEF81の置換用として投入されました。平成22年(2010)からは寝台特急「北斗星」「カシオペア」用にJR東日本所属の500番台が登場しましたが、平成27年(2015)に「北斗星」が、翌年には「カシオペア」の定期運用が終了したことにより、全機がJR貨物の富山機関区に移籍しました。日本海縦貫線のほか、西は岡山まで、また中京圏の貨物列車の牽引にも活躍しています。

側面のJRFマークなしの赤色の0番台と、JR東日本からJR貨物に譲渡され、銀一色となった509・510号機がHOゲージとして登場。
ホビーセンターカトーから発売の<28-170N (HO)EF510 グレードアップパーツセット>でディテールアップが可能です。

品番 品名 ASSY表 価格
1-314 (HO)EF510 500 北斗星色 (HO)EF510 500 北斗星色 ASSY表 ¥14,080
1-310 (HO)EF510-0 (HO)EF510-0 ¥14,080
1-312 (HO)EF510-500 カシオペア色 (HO)EF510-500 カシオペア色 ¥14,080
1-315 (HO)EF510 500 JR貨物色(青) (HO)EF510 500 JR貨物色(青) ¥14,080
1-317 (HO) EF510 0 (JRFマークなし) (HO) EF510 0 (JRFマークなし) 生産予定表 ¥15,070
1-318 (HO) EF510 500 JR貨物色 (銀) (HO) EF510 500 JR貨物色 (銀) 生産予定表 ¥15,070
28-170N (HO) EF510 グレードアップパーツセット1 (H.C.オリジナルパーツ) (HO) EF510 グレードアップパーツセット1 (H.C.オリジナルパーツ) ¥1,430
3-002 (HO)EF510寝台特急「北斗星」スターターセット (HO)EF510寝台特急「北斗星」スターターセット ¥34,430
3-003 (HO)テーブルトップスターターセットEF510 500カシオペア (HO)テーブルトップスターターセットEF510 500カシオペア ¥31,350

編成例

編成例

主な特長

●動力装置は台車動力ユニット方式。コアレスモーター搭載
●単機での最小通過半径360mmを実現
●ヘッドライト/テールライトは多彩な遊び方が楽しめる仕様。ヘッドライトは電球色LEDで前進時に点灯。テールライトは、列車無線アンテナ形の切換スイッチでモード選択。3モードの点灯状態が選択可能
・「走行モード」・・・列車牽引時の非点灯モード
・「単機回送モード」・・・単機回送時の後端左右点灯モード
・「入換モード」・・・入換走行時の両端 片側点灯モード
●金属製のシングルアームパンタグラフ FPS5パンタグラフを的確に再現
●ユーザー取り付けパーツを極力削減。箱から取り出せば、すぐに走行を楽しめる「READY TO RUN」
●車体ナンバー、検査表記をはじめとした各種表記類を印刷済
●付属品:テールライト点灯パターン切替スイッチ用ドライバー×1
●DCCサウンドデコーダ搭載を考慮し、車体内にはDCCデコーダ、サウンド対応のスピーカーの搭載スペースを確保。実物の質感と音抜けを兼ね備えた、シースルー側面エアフィルターを装着

●EF510 0 (JRFマークなし)
・プロトタイプはEF510-3、従来品とは異なる車番設定
・実車同様、赤い車体にJRFマークなしの姿を再現

●EF510 500 JR貨物色(銀)
・プロトタイプはEF510-509、従来品とは異なる車番設定
・実車同様、カシオペアの表現が省略された銀一色の塗装を再現

●(HO)EF510 500 北斗星色
・屋根配線は金属線の採用で実感的に、高圧碍子は緑で絶縁グリスの塗布を表現
・クイックヘッドマークは北斗星色と、カシオペア色に付属
・ナンバーは「EF510 515」が印刷済。
・付属品:テールライト点灯パターン切換スイッチ用ドライバー、クイックヘッドマーク
・別売の「28-170 EF510 グレードアップパーツセット1(ホビーセンターカトー取扱い)」を使用することで、手スリなどの各部ディテールアップ工作が可能

● (HO)EF510 500 JR貨物色(青)
・変更された保安装置表記、流れ星が省略された車体塗色など、JR貨物機として活躍する姿を的確に再現。
・ナンバーは「EF510 504」が印刷済。
・屋根配線は金属線の採用で実感的に、高圧碍子は緑で絶縁グリスの塗布を表現

●(HO)EF510 グレードアップパーツセット1(ホビーセンターカトー製品)
・車両のグレードアップをひとまとめにしたパーツセット
・ホイッスルカバー(青/赤/銀)各1
・無線アンテナ、ホイッスル、信号炎管、ジャンパ栓、台車・屋根配管類、解放テコ、ワイパー(黒)、ヘッドマーク(JR貨物20周年、2種)

別売対応オプション

  • ●機関士人形 品番:6-511 \1,200

関連製品

  • サムネイル
    HO

    コキ104

  • サムネイル
    HO

    (HO) 24系 寝台特急「北斗星」

  • サムネイル
    HO

    (HO) EF81 一般色 / 北斗星色...

  • ※ JR東日本商品化許諾済 JR貨物承認済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格に消費税を加えた総額表示です。
PAGE TOP