HO EF510 500 北斗星色 JR貨物色(青)更新日:2018/02/07

更新日:2018/02/07

画像をクリックすると拡大します。

「毎日手軽に遊べるHO」をコンセプトに、Nゲージと同じ感覚でHOゲージを楽しんで頂けるモデルとして登場!

● HOゲージは高価で手が出ません。
・Nゲージまでとは言えませんが、価格を低く設定したベーシックモデルとして製品化しました。

● HOゲージは広い場所が必要で、家で遊べません。
・半径360mmの曲線を通過可能な性能のHOゲージを製品化しました。少し大きめのテーブルであれば十分楽しめます。

● HOゲージは上級者が楽しむ鉄道模型だと思う。
・KATOは、どなたにでも遊んで頂けるHOゲージを製品化しました。お子様が玩具を卒業したらHOゲージという選択肢を提供したい。何といってもHOゲージは大迫力ですから。

● HOゲージはパーツが多くて難しそう。工作技術が無いとできないと思う。
・KATOのHOゲージEF510にはワイパーやエアホースの表現が省略され、車体ナンバーは印刷済です。
パーツが無い「READY TO RUN」として買ってすぐに走らせることのできるHOゲージに仕上げました。

● 価格がやすくなるという事は、チープな出来の模型なんでしょ?
この価格で、テールライトが点灯します。モードは3つ「走行モード」「単機回送モード」「入換モード」から楽しめます。もちろんディテールに妥協は有りません、実車同様に車体側面のエアフィルターは透けて中が見えるようになっています。他にも様々な工夫がこの製品に織り込まれていますので、きっとHOゲージのイメージが変わって頂けることと思います。
後はお近くの模型屋さんで手に取ってご覧ください。

● 簡単に遊べそうですが、付けたいパーツもあるのですが・・・
模型屋さんには、様々なパーツが用意されます。お好みのパーツを付けて自分だけのモデルにすることができるようにするためです。
KATO、ホビーセンターカトー、カトーカスタムショップから、様々なオプションが発売。

JR東日本からJR貨物に転籍したEF510を、迫力のHOスケールで製品化いたします。
元の北斗星色から流れ星のデザインを除いたカラーリングが特徴的で、青い車体に入る金帯がアクセントになっています。現在は日本海縦貫線のコンテナ列車を輸送していて、各色のEF510と共に活躍を続けています。

「手軽に遊べるHOゲージ」をコンセプトにした製品で、単機での最小通過半径は360mm、安価でお楽しみいただける製品です。ヘッドライトが前進時に点灯するのはもちろん、テールライトは車両牽引時の非点灯モード、単機回送時の左右点灯モード、入換走行時の両端片側点灯モードが選択可能で、入換え運転などを再現できます。

品番 品名 ASSY表 本体価格
1-314 (HO)EF510 500 北斗星色 (HO)EF510 500 北斗星色 生産予定表 ASSY表 ¥12,800+税
1-310 (HO)EF510-0 (HO)EF510-0 ¥12,800+税
1-311 (HO)EF510-500 北斗星色 (HO)EF510-500 北斗星色 ¥12,800+税
1-312 (HO)EF510-500 カシオペア色 (HO)EF510-500 カシオペア色 ¥12,800+税
1-315 (HO)EF510 500 JR貨物色(青) (HO)EF510 500 JR貨物色(青) ¥12,800+税

編成例

編成例

主な特長

● 動力装置は新規開発の台車動力ユニット方式。コアレスモーター搭載で、従来製品以上の動力性能を発揮!
● 単機での最小通過半径360mmを実現。テーブル上でも手軽に走行させていただける、軽快な走行性能を実現。急曲線での連結走行は、別売予定の台車マウントカプラー(機関車・客車用)を装着することによって可能。
● ヘッド/テールライトは多彩な遊び方が楽しめる仕様で登場。
ヘッドライトは電球色LEDで前進時に点灯。
テールライトは、列車無線アンテナ形の切換スイッチでモード選択。3モードの点灯状態が再現可能。
・「走行モード」・・・列車牽引時の非点灯モード。
・「単機回送モード」・・・単機回送時の後端左右点灯モード。
・「入換モード」・・・入換走行時の両端 片側点灯モードが選択可能。
● DCCサウンドデコーダ搭載を考慮し、実物の質感と音抜けを兼ね備えた、シースルー側面エアフィルターを装着。
● 車体内にはDCCデコーダ、サウンド対応のスピーカーの搭載スペースを確保。DCCデコーダの搭載は、弊社カスタムショップへ御依頼ください(実施時期検討中)。
● 金属製のシングルアームパンタグラフ FPS5パンタグラフを的確に再現。
● 屋根配線は金属線の採用で実感的に、高圧碍子は緑で絶縁グリスの塗布を表現。
● ユーザー取り付けパーツを極力削減。箱から取り出せば、すぐに走行を楽しめる、「READY TO RUN」
● 追加工作を楽しんでいただけるよう、信号炎管・ホイッスル・無線アンテナは別売を予定。
● 車体ナンバーは印刷済。JR貨物機はEF510-6。北斗星色はEF510-501。カシオペア色はEF510-510。
● 北斗星色は、再生産の期に、実車の動向に合わせて検査標記や印刷済ナンバープレート(515号機)を変更。
● クイックヘッドマークは北斗星色と、カシオペア色に付属。

● EF510 500 JR貨物色(青)
・変更された保安装置表記、流れ星が省略された車体塗色など、JR貨物機として活躍する姿を的確に再現。
・ナンバーは「EF510 504」が印刷済。
・動力装置は台車動力ユニット方式。コアレスモーター搭載で、パワフルな動力性能を発揮。
・クイックヘッドマーク用のマグネット組込済。
・単機での最小通過半径360mmを実現。テーブル上でも手軽に走行させていただける、軽快な走行性能を実現。急曲線での連結走行は、別売の台車マウントカプラー(機関車・客車用)を装着することによって可能。
・ヘッド/テールライトは多彩な遊び方が楽しめる仕様で登場。ヘッドライトは電球色LEDで前進時に点灯。テールライトは、列車無線アンテナ形の切換スイッチでモード選択。3モードの点灯状態が再現可能。
「走行モード」・・・列車牽引時の非点灯モード。
「単機回送モード」・・・単機回送時の後端左右点灯モード。
「入換モード」・・・入換走行時の両端 片側点灯モードが選択可能。
・DCCサウンドデコーダ搭載を考慮し、実物の質感と音抜けを兼ね備えた、シースルー側面エアフィルターを装着。車体内にはDCCデコーダ、サウンド対応のスピーカーの搭載スペースを確保。
・屋根配線は金属線の採用で実感的に、高圧碍子は緑で絶縁グリスの塗布を表現。
・ユーザー取り付けパーツを極力削減。箱から取り出せば、すぐに走行を楽しめる、「READY TO RUN」。

別売対応オプション

  • ●機関士人形 品番:6-511 \1,200

関連製品

  • ※ JR東日本商品化許諾済 JR貨物承認済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP