HO 24系 寝台特急「北斗星」更新日:2019/11/29

更新日:2019/11/29

画像をクリックすると拡大します。

昭和63年(1988)に本州と北海道を結ぶ青函トンネルの開通に合わせ、上野-札幌間を結ぶ寝台特急として登場。ホテルのようなサービスで、好評を博し最盛期には3往復が運転されました。「カシオペア」の誕生などで平成18年(2006)には1往復へと減便され、定期運行最終時の編成はロビーや個室B寝台などの1~6号車がJR北海道所属車両、食堂車(グランシャリオ)と個室A寝台を中心とした7~11号車・電源車がJR東日本所属車両で構成されました。

品番 品名 ASSY表 本体価格
1-565 (HO)オハネ25 560 デュエット 北斗星 (HO)オハネ25 560 デュエット 北斗星 ¥6,800+税
1-566 (HO)スハネ25 500 ソロ・ロビー (HO)スハネ25 500 ソロ・ロビー ¥6,500+税
1-567 (HO)オハネフ25 北斗星増結用 (HO)オハネフ25 北斗星増結用 ¥6,500+税
1-568 (HO)オハネ25 550ソロ (HO)オハネ25 550ソロ ¥6,500+税
1-569 (HO)オロネ25 500ツインDX (HO)オロネ25 500ツインDX ¥6,500+税
1-570 (HO)オロハネ25 500ロイヤル・ソロ (HO)オロハネ25 500ロイヤル・ソロ ¥6,500+税
3-515 (HO)24系 寝台特急「北斗星」 4両基本セット (HO)24系 寝台特急「北斗星」 4両基本セット ¥29,500+税

編成例

編成例

主な特長

・JR北海道所属車両とJR東日本所属車両で混成されている編成(平成22年(2010)頃)がプロトタイプ
・オリジナルの24系とは違う個性あふれる窓配置と、個室で構成された「北斗星」ならではのブルー車体を金帯で締めた車両を再現
・カニ24の屋根は、更新改造後を再現
・屋根板の状態をリアルに再現
・側面窓から見える客室内を表現(スシ24:イス・テーブル、オロネ25:コンパートメント仕切、カニ24:発電エンジンほか)
・オロハネ24、スシ24、スハネ25とオハネ25の1階部分には、カーテンを表現
・スシ24のランプシェードは、電球色で美しく点灯
・車体表記印刷済み
・側面行先表示は交換可能な着脱式で「北斗星・札幌」を設定。交換パーツとして「北斗星・上野」を付属。デュエットのみ車番転写シール付属
・「北斗星」の特徴であるエンブレムをリアルに再現
・カニ24とオハネフ25は各車ともテールライト、トレインマーク点灯
・テールマークは「北斗星」を標準装備
・KATOカプラー伸縮密着自連形を採用
・全車室内灯対応(別売)。2階部分には、窓から照明板が見えるのを避けるため、別売のNゲージ用LED室内灯クリアを適用
・DCCフレンドリー
● セット内容
・(HO)24系 寝台特急「北斗星」 4両基本セット・・・カニ24 500、オロハネ24 550、スシ24 500、オハネフ25
・単品各種・・・オハネ25 560、スハネ25 500、オハネフ25、オハネ25 550 ソロ、オロネ25 ツインデラックス、オロハネ25 500 ロイヤル・ソロ
● KATOカプラー伸縮密着自連形を採用(カニ24、オハネフ25の機関車連結側にはKATOカプラーを採用)
● DCCフレンドリー ・・・FL12デコーダ(カニ24、オハネフ25のテールライト・バックサイン)
● サスペンション機構

別売対応オプション

  • ●LED室内灯クリア 品番:11-211 ¥720
  • ●LED室内灯クリア(6両分入) 品番:11-212 ¥3,600
  • ●(HO)LED室内灯クリア 品番:7-504 ¥1,500

関連製品

  • サムネイル
    HO

    EF510 500 北斗星色 JR貨物色...

  • サムネイル
    HO

    人形 ブルートレイン乗務員、運転士/車掌...

  • サムネイル
    HO

    (HO)EF81

  • ※ JR北海道商品化許諾済 JR東日本商品化許諾済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP