N 24系 /14系 寝台特急「さくら・はやぶさ/富士」更新日:2022/12/07

更新日:2022/12/07

懐かしの九州連絡15連併結のブルートレイン「さくら・はやぶさ/富士」が登場

国鉄時代より単独列車として走り続けた「さくら」「はやぶさ」は、平成11年(1999)にJR移行後初の併結ブルートレインとされ、24系と14系によって組成される多層建てブルートレインとして話題となりました。同一編成で運行された単独の「富士」もこの編成が最長で、平成14年(2002)以降は編成を短縮、平成17年(2005)の「さくら」廃止以降は「富士」と「はやぶさ」の併結で運行され、平成21年(2009)にその役目を終えました。

白帯と銀帯の混ざったユニークな編成からなる同列車は、<10-1233~ 14系寝台特急「さくら」JR仕様>や<10-1406~ 24系25形寝台特急「はやぶさ」>などの従来製品とは異なる仕様で製品化いたします。「さくら・はやぶさ」が併結されたJR移行後ならではのヘッドマークが客車セットに付属します。




品番 品名 ASSY表 価格
10-1799 寝台特急「さくら・はやぶさ/富士」 24系 9両セット 寝台特急「さくら・はやぶさ/富士」 24系 9両セット 生産予定表 ¥22,660
10-1800 寝台特急「さくら・はやぶさ/富士」 14系 6両セット 寝台特急「さくら・はやぶさ/富士」 14系 6両セット 生産予定表 ¥15,400

編成例

編成例

主な特長

●東京発九州連絡ブルートレイン最長編成(客車15両)の末期ごろの姿を製品化
●平成12年(2000)頃の24系25形と14系14形・15形が混結された「さくら・はやぶさ」の編成。同一編成を使用して運用される「富士」も再現可能
●寝台車通路側の非常扉固定化改造および洗面所窓が埋められた姿を再現
●24系9両セット
・8号車オハネフ25の前面ホロは青色で再現
・カニ24、8号車オハネフ25はテールライト・トレインマーク点灯(オハネフ25は消灯スイッチ付)、変換式トレインマーク装備
・中間1・5号車のオハネフ25はライトユニット、トレインマーク非装備
●14系6両セット
・9号車スハネフ15、14号車スハネフ14はテールライト・トレインマーク点灯(消灯スイッチ付)と変換式トレインマーク装備
・14号車スハネフ14 6は、JR九州所属車に見られる緩急室屋根上部の青色を再現
・9号車スハネフ15 20と11・12号車オハネ15 1201/ 1246の車体帯は、実車通りの白帯で再現
・編成連結時に、より実感的となる前面ホロが付属
●号車番号と★ ★ ★の寝台表示を印刷済。また各緩急車(電源車、1・5・8・14号車)とも車体側面にJRマークあり
●編成の中間連結部には、ボディマウント式密自連カプラー装備。実感的な連結面間を実現
●変換式トレインマークは各セットとも「さくら」「はやぶさ」「富士」「臨時」の4種
●機関車側のカプラーはアーノルドカプラーを標準装備。交換用ナックルカプラーを付属
●編成端を引き締める交換用ジャンパ栓を付属
●行先表示シールを付属
●各セットともブックケースに機関車を収納可能
●付属品
・9両セット:行先表示シール×1、交換用ナックルカプラー×2、ジャンパ栓×1、トレインマーク交換用ドライバー×1、ヘッドマーク「さくら・はやぶさ」(ED76用お椀形/EF66用)、「富士(山形)」(ED76/EF66用)×各1
・6両セット:行先表示シール×1、交換用ナックルカプラー×2、ジャンパ栓×2、トレインマーク交換用ドライバー×1、前面ホロ×1、ヘッドマーク「さくら・はやぶさ」(ED76用お椀形/EF66用)、「富士(山形)」(ED76/EF66用)×各1

別売対応オプション

  • ●LED室内灯クリア 品番:11-211 ¥792
  • ●LED室内灯クリア(6両分入) 品番:11-212 ¥3,960

関連製品

  • サムネイル
    N

    500系 新幹線「のぞみ」

  • サムネイル
    N

    EF66 100番台

  • サムネイル
    N

    EF81 300

  • サムネイル
    N

    300系 0番台 新幹線「のぞみ」

  • サムネイル
    N

    EF66 0番台 後期形 ブルートレイン...

  • ※ JR西日本商品化許諾申請中 JR九州承認申請中
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格に消費税を加えた総額表示です。
PAGE TOP